電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-18 09:45
市街地700MHz帯路車間通信環境における電波伝搬損失モデル
浦山博史白永英晃山田雅也住友電工)・平山泰弘杉浦泰伸澤田 学デンソー
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 安全運転,環境負荷低減を目的として,700MHz帯を利用した路車・車車間通信による無線通信システムが提案されている.本システムの実現において,限られた無線リソースの有効活用が課題の一つであり,特に車両に対してより多くの情報を送信しうる路側機の配置や無線リソースの割当て方が重要となる.我々は,これらを検討するに当たり,700MHz帯の路車間通信の電波伝搬損失特性を測定し,測定データに基づき,伝搬損失モデルを導出した.本稿では,伝搬損失モデルの導出方法を述べるとともに,得られたモデルの結果を示す. 
(英) Roadside-to-vehicle and vehicle-to-vehicle communication systems using 700MHz spectrum have been proposed to help safe and ecological driving. It is one of the subjects to use the limited frequency resource effectively, so that, it is important to consider how to locate roadside units (RSUs) and assign frequency resources to RSUs. To study the those issues, we have measured propagation loss characteristics in roadside-to-vehicle communication environments. In this paper, we show the methods to extract the propagation loss models from the field experimental results and some evaluation results of concrete models are also shown.
キーワード (和) ITS / 路車間通信 / フィールド実験 / 伝搬損失 / / / /  
(英) ITS / Roadside-to-vehicle communications / Field trial / Propagation loss / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 376, AP2011-146, pp. 1-6, 2012年1月.
資料番号 AP2011-146 
発行日 2012-01-11 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2012-01-18 - 2012-01-20 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Inst. of Tech. 
テーマ(和) 電波伝搬,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2012-01-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 市街地700MHz帯路車間通信環境における電波伝搬損失モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 700MHz Band Propagation Loss Model for Roadside-to-Vehicle Communications in Urban Area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 路車間通信 / Roadside-to-vehicle communications  
キーワード(3)(和/英) フィールド実験 / Field trial  
キーワード(4)(和/英) 伝搬損失 / Propagation loss  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦山 博史 / Hirofumi Urayama / ウラヤマ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES,LTD (略称: SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白永 英晃 / Hideaki Shiranaga / シラナガ ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES,LTD (略称: SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 雅也 / Masaya Yamada / ヤマダ マサヤ
第3著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES,LTD (略称: SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 泰弘 / Yasuhiro Hirayama / ヒラヤマ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO CORPORATION (略称: DENSO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 泰伸 / Yasunobu Sugiura / スギウラ ヤスノブ
第5著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO CORPORATION (略称: DENSO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 学 / Manabu Sawada / サワダ マナブ
第6著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO CORPORATION (略称: DENSO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-18 09:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2011-146 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.376 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2012-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会