電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-25 15:20
「らしさ」評価指標のノイズ付加画像に対する有効性の検証
深田和也稲積泰宏堀田裕弘富山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 一般的に画質評価に用いられている客観評価指標は,主観評価と相関の高い画像情報を測定することで画像の忠実さを評価する.しかしこのような評価指標は,条件によっては人間の主観的な判断と一致しない結果が得られる場合がある.一方,画像の忠実さではなく,画像「らしさ」を評価する手法が考案されている.この手法は,画像共有サイトの意味情報を有したタグが付加された画像とその画像特徴により,ある画像の「~らしさ」を評価する指標を構築する.タグは人間の主観的な判断に基づいて付けられたものであるため,その画像から得られる画像特徴もまた主観的な判断に従うと考えられる.ゆえに,「らしさ」評価を用いることにより,主観的な観点で客観的に画像を評価することができると言える.しかし,ノイズが主観的な評価に影響を与える要素であるにも関わらず,この手法ではノイズが考慮されていない.そこで本稿では「らしさ」評価指標がノイズ付加画像についても有効であるかを検証する.検証の結果,少量のノイズであれば,影響なく画像「らしさ」を評価できることがわかった. 
(英) Generally, an objective evaluation is designed to estimate subjective quality. In fact, many objective measurements may not match the subjective evaluation. On the other hand, a way to evaluate about visual "-likeness" of images was proposed. However, the method did not consider noise. Therefore, this paper verifies a performance of the method for noise-added images. The experimental results show that the "-likeness" evaluation was found to be effective under limited noise.
キーワード (和) 画像品質 / 主観評価 / 客観評価 / Web画像 / / / /  
(英) Image quality / Subjective evaluation / Objective evaluation / Web images / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 318, IMQ2011-18, pp. 15-20, 2011年11月.
資料番号 IMQ2011-18 
発行日 2011-11-18 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2011-11-25 - 2011-11-25 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英) University of Toyama 
テーマ(和) 画質評価とIMQ一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2011-11-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 「らしさ」評価指標のノイズ付加画像に対する有効性の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Verification of Effectiveness of Objective Assessment Scale for Visual "-likeness" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像品質 / Image quality  
キーワード(2)(和/英) 主観評価 / Subjective evaluation  
キーワード(3)(和/英) 客観評価 / Objective evaluation  
キーワード(4)(和/英) Web画像 / Web images  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 深田 和也 / Kazuya Fukada / フカダ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲積 泰宏 / Yasuhiro Inazumi / イナヅミ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 裕弘 / Yuukou Horita / ホリタ ユウコウ
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-25 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2011-18 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.318 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2011-11-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会