電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-25 16:35
Pseudo-Hapticsの異方性について
佐藤秀一石井雅博富山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マウスポインタ等の自己投影物の移動速度に変化が生じた場合,擬似的な力覚が知覚されることが確認されている.この現象はPseudo-Hapticsと呼ばれている.これまでPseudo-Hapticsの特性は前額平行面上での運動について調べられてきた.本研究では3D空間での奥行き方向の運動がPseudo-Haptics知覚に及ぼす影響について調べた.その結果,奥行き方向でのPseudo-Haptics生起率・知覚力覚量が小さいことがわかった. 
(英) When the passing speed of the self-projection thing like the mouse pointer changes, inner force sense is perceived. This phenomenon is called Pseudo-Haptics. Characteristic of Pseudo-Haptics has been investigated motion in frontal parallel plane. In this research, the influence that stimulus motion of depth direction in 3D space when operating it exerts on the perception of Pseudo-Haptics is investigated. As a result, it is found that occurrence rate and force perception of Pseudo-Haptics in the depth direction are lower.
キーワード (和) Pseudo-Haptics / / / / / / /  
(英) Pseudo-Haptics / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 318, IMQ2011-21, pp. 29-33, 2011年11月.
資料番号 IMQ2011-21 
発行日 2011-11-18 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2011-11-25 - 2011-11-25 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英) University of Toyama 
テーマ(和) 画質評価とIMQ一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2011-11-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Pseudo-Hapticsの異方性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Anisotropy of Pseudo-Haptics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Pseudo-Haptics / Pseudo-Haptics  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 秀一 / Shuichi Sato / サトウ シュウイチ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: U. of Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 雅博 / Masahiro Ishii / イシイ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: U. of Toyama)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-25 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2011-21 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.318 
ページ範囲 pp.29-33 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IMQ-2011-11-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会