電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-25 13:30
[特別講演]超高能率符号化のための抽象的な画像通信技術について
稲積泰宏富山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 画像符号化技術は動き補償と離散コサイン変換(MC+DCT)に基づいて発展を遂げている.
しかしながら,近年の画像符号化に対する要求条件は,高品質化や高機能化および多機能化等によって飛躍的に高まっており,MC+DCTの符号化方式による忠実さを志向した符号化では圧縮限界が見えつつある.
そこで,従来のMC+DCTの枠組みにとらわれず新たな観点からのアプローチとして,MC+DCTにかわるブレイクスルーと位置づけられる方式が切望されている.
本稿では,超高能率符号化のために忠実さをある程度犠牲にした抽象的な画像通信技術として,(1)Seam Carvingによる符号化,(2)Web画像を用いた疑似表現符号化を提案する.
実験結果は,いずれも原画像を忠実に送るのではなく,ある程度抽象的な画像通信となることを許容しても問題がないことを示す.
これらの手法の基本的な考え方に基づいて画像通信技術を再設計することで,超高能率符号化の実現が期待できる. 
(英) Image coding techniques have evolved based on motion compensation and discrete cosine transform(MC+DCT).
Requirements for image coding in recent years, however, has increased dramatically by such as high quality, high functionality and multifunctional.
Therefore, the compression limit of faithfulness-oriented coding is approached.
Thus, the novel approach has been desired to be positioned as a breakthrough alternative to MC+DCT.
This paper proposes an abstract communication technology approach for high-efficiency coding.
An image coding based on Seam Carving and a pseudo-representation image coding using web images is indicated.
The experimental results showed that not sending any original image fidelity can be acceptable.
By redesigning the image communication technologies can be expected to realize high-efficiency coding
based on the basic idea of these techniques.
キーワード (和) 画像通信 / 画質 / 超高能率符号化 / / / / /  
(英) Image communication / Image quality / High-efficiency coding / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 318, IMQ2011-15, pp. 1-6, 2011年11月.
資料番号 IMQ2011-15 
発行日 2011-11-18 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2011-11-25 - 2011-11-25 
開催地(和) 富山大学 
開催地(英) University of Toyama 
テーマ(和) 画質評価とIMQ一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2011-11-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超高能率符号化のための抽象的な画像通信技術について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An abstract image communication approach for high-efficiency coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像通信 / Image communication  
キーワード(2)(和/英) 画質 / Image quality  
キーワード(3)(和/英) 超高能率符号化 / High-efficiency coding  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲積 泰宏 / Yasuhiro Inazumi /
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
University of Toyama (略称: Univ. of Toyama)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-25 13:30:00 
発表時間 50 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2011-15 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.318 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IMQ-2011-11-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会