電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-15 09:00
既存鍵回復攻撃を困難にするWEPの運用とその評価
塚畝 翼藤堂洋介森井昌克神戸大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LAN通信のセキュリティプロトコルであるWEPは以前から脆弱性が指摘されている.現在,脆弱性を利用した攻撃が多数提案されており,約20,000のIPパケットを用いることで一瞬にしてWEP鍵の解読が可能である.このWEPを安全に運用するための妥協策として,一定のパケット数の通信が行われた際にWEP鍵を更新する方法が考えられる.既存の鍵回復攻撃に対しては10,000パケットごとにWEP鍵を更新する方法が望ましいが,10,000パケットは非常に少数であり,頻繁にWEP鍵を変更することは現実的ではない.そこで本稿では少数パケットにおける鍵回復攻撃を困難にし,WEPを安全に運用する方法について提案する.この提案方法は少数パケットにおける場合にのみ有効な手段であり,WEP鍵の更新までに通信するパケット数を100,000パケット程度まで増やすことができる.さらにこの提案方法について理論的な評価を与え,安全にWEPを運用することが可能となる. 
(英) WEP is a security protocol in a wireless LAN network, and its vulnerability has been pointed out.Many key recovering attacks against WEP were proposed with using its vulnerability.These attacks can recover a WEP key easily by observing about 20,000 packets.If we want to use WEP, we should update the key whenever a certain number of packets are communicated.For immunization against key recovery attacks, it is the best way of updating the key every 10,000 packets.However 10,000 packets are very few, so it is not realistic to update the key every 10,000 packets.In this paper, we propose secure WEP operation against key recovery attacks.This technique works only using a few packets and uses approximately 100,000 packets before next key update.Furthermore we theoretically evaluate our technique to manage secure WEP communication.
キーワード (和) 無線LAN / WEP / RC4 / IV / Strong IV / ポアソン分布 / /  
(英) Wireless LAN network / WEP / RC4 / IV / Strong IV / Poisson distribution / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 285, ISEC2011-48, pp. 93-100, 2011年11月.
資料番号 ISEC2011-48 
発行日 2011-11-07 (ISEC, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC LOIS  
開催期間 2011-11-14 - 2011-11-15 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2011-11-ISEC-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 既存鍵回復攻撃を困難にするWEPの運用とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and Evaluation of a Secure WEP Operation against Existing Key Recovery Attacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN network  
キーワード(2)(和/英) WEP / WEP  
キーワード(3)(和/英) RC4 / RC4  
キーワード(4)(和/英) IV / IV  
キーワード(5)(和/英) Strong IV / Strong IV  
キーワード(6)(和/英) ポアソン分布 / Poisson distribution  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚畝 翼 / Tsubasa Tsukaune / ツカウネ ツバサ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学大学院 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤堂 洋介 / Yosuke Todo / トウドウ ヨウスケ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学大学院 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森井 昌克 / Masakatu Morii / モリイ マサカツ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学大学院 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-15 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2011-48,IEICE-LOIS2011-42 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.285(ISEC), no.286(LOIS) 
ページ範囲 pp.93-100 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2011-11-07,IEICE-LOIS-2011-11-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会