電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-15 13:25
SLPに基づく強RSA仮定とDDH仮定の分離
福光正幸長谷川真吾磯辺秀司小泉英介静谷啓樹東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 代表的な暗号学的仮定として$\mathsf{RSA}$仮定と$\mathsf{CDH}$仮定があり, それぞれ素因数分解問題と有限群上の離散対数問題という基礎問題の困難さと強く結びついている. これらの仮定に対応する問題の複雑さがそれぞれの基礎問題の複雑さと等価であるかについて, 様々な条件の下での結果が知られているが, 離散対数に関連する仮定と素因数分解に関連する仮定の関係についてはほとんど知られておらず, 底の証明付き離散対数問題と素因数分解問題の分離(ひとつが他方に帰着しないこと)が知られているのみである. 本稿ではこの結果を補強する状況証拠として, SLP(ストレート ライン プログラム)上で強$\mathsf{RSA}$仮定と$\mathsf{DDH}$仮定が分離されることを示す. 
(英) Although we have many computational reductions among the cryptographic primitives, little is known about the relationship between the integer factoring problem and the discrete logarithm problem, except that the former does not reduce to the latter under some condition. In other words, those two problems could be computationally separated. In this paper, we show that a straight-line program (SLP, for short) separates the strong $\mathsf{RSA}$ assumption from the $\mathsf{DDH}$ assumption.
キーワード (和) DDH 仮定 / 強RSA仮定 / Straight-Line Program / / / / /  
(英) DDH Assumption / Strong RSA Assumption / Straight-Line Program / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 285, ISEC2011-55, pp. 141-148, 2011年11月.
資料番号 ISEC2011-55 
発行日 2011-11-07 (ISEC, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC LOIS  
開催期間 2011-11-14 - 2011-11-15 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2011-11-ISEC-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SLPに基づく強RSA仮定とDDH仮定の分離 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SLP separates the strong RSA assumption from the DDH assumption 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DDH 仮定 / DDH Assumption  
キーワード(2)(和/英) 強RSA仮定 / Strong RSA Assumption  
キーワード(3)(和/英) Straight-Line Program / Straight-Line Program  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福光 正幸 / Masayuki Fukumitsu / フクミツ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 真吾 / Shingo Hasegawa / ハセガワ シンゴ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯辺 秀司 / Shuji Isobe / イソベ シュウジ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 英介 / Eisuke Koizumi / コイズミ エイスケ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 静谷 啓樹 / Hiroki Shizuya / シズヤ ヒロキ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-15 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2011-55,IEICE-LOIS2011-49 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.285(ISEC), no.286(LOIS) 
ページ範囲 pp.141-148 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2011-11-07,IEICE-LOIS-2011-11-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会