電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-14 17:10
認識対象の回転・大きさの変化に対応した機械学習に関する研究
傍士竜百山田悠太清水明宏高知工科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ネットワークカメラの普及に伴い,防犯・監視用途だけでなく顧客サービス向上やマーケティングツールとして監視カメラの映像を利用する取り組みが進んでいる.一般物体認識に用いられる技術として Histograms of Oriented Gradients (HOG) が提案されている.しかし,HOG では回転・大きさの変化には対応していない.そこで本研究では,Log-Polar 変換と HOG を用いた認識対象の回転や大きさの変化に対応した機械学習法を提案する.また,提案手法を学習枚数,認識対象が回転した場合の認識率,認識対象の大きさが変化した場合の認識率,誤検出数,処理時間の 5 項目において HOG のみを用いた手法と比較評価した. 
(英) Recently, with the spread of network cameras, video surveillance cameras has been used as a tool to improve customer service and marketing. Histograms of Oriented Gradients (HOG) is proposed as a technology used for such general object recognition. However, change of rotation and a size is not supported in HOG. Then we propose the machine learning method which uses log-polar mapping and HOG in the present study. It deals with the rotation and the change of a size. We compared proposal method with the method using HOG in 5 respects and evaluated it. They are the number of the learning sheets, recognition rate of rotated recognition object, recognition rate that we changed size of recognition object, number of misdetection and processing time.
キーワード (和) 監視カメラ / Log-Polar変換 / HOG / 機械学習 / / / /  
(英) Surveillance camera / Log-Polar mapping / HOG / Machine learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 286, LOIS2011-41, pp. 85-92, 2011年11月.
資料番号 LOIS2011-41 
発行日 2011-11-07 (ISEC, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC LOIS  
開催期間 2011-11-14 - 2011-11-15 
開催地(和) 大阪電気通信大学 
開催地(英) Osaka Electro-Communication University 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2011-11-ISEC-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 認識対象の回転・大きさの変化に対応した機械学習に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A suudy of machine learning corresponding to the change of a turn and the of the recognition object 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 監視カメラ / Surveillance camera  
キーワード(2)(和/英) Log-Polar変換 / Log-Polar mapping  
キーワード(3)(和/英) HOG / HOG  
キーワード(4)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 傍士 竜百 / Tatsumo Hoji / ホウジ タツモ
第1著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 悠太 / Yuta Yamada / ヤマダ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 明宏 / Akihiro Shimizu / シミズ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: Kochi Univ. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-14 17:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-ISEC2011-47,IEICE-LOIS2011-41 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.285(ISEC), no.286(LOIS) 
ページ範囲 pp.85-92 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2011-11-07,IEICE-LOIS-2011-11-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会