電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-21 13:00
A Damage Analysis and Possible Services of IMS Network in Disaster Situations
Wei ZhuAhmad Kamil Abdul HamidMasahiko MizutaniManabu IsomuraYoshihiro KawaharaTohru AsamiUniv. of Tokyo
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) This paper provides a preliminary analysis on the impact of logical as well as physical node failures to the IP Multimedia Subsystem (IMS). At a natural disaster such as an earthquake, IMS may not be able to provide normal services due to congestion and/or physical network unavailability. However as long as the infrastructure is not ruined completely, the network is available in some scale, and should make full use of the remaining resources to provide possible services or communications to users. The earthquake in March shows such dependability is crucial for future networks. This paper considers possible damages in the network, analyzes the impact on IMS network at each damage scale, and discusses possible reduced services in the corresponding situation with some modifications to IMS. 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 245, IN2011-89, pp. 57-62, 2011年10月.
資料番号 IN2011-89 
発行日 2011-10-13 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2011-10-20 - 2011-10-21 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) TCP/IP,プロトコル,ルーチング,ネットワーク管理,認証/ID管理および一般 
テーマ(英) TCP/IP, Protocol, Routing, Network Management, Authentication/Identity Management, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2011-10-IN 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Damage Analysis and Possible Services of IMS Network in Disaster Situations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Wei Zhu / Wei Zhu /
第1著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Ahmad Kamil Abdul Hamid / Ahmad Kamil Abdul Hamid /
第2著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Masahiko Mizutani / Masahiko Mizutani /
第3著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Manabu Isomura / Manabu Isomura /
第4著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Yoshihiro Kawahara / Yoshihiro Kawahara /
第5著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Tohru Asami / Tohru Asami /
第6著者 所属(和/英) The University of Tokyo (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-21 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2011-89 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.245 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2011-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会