電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-09-02 13:00
[特別講演]画質の観点から見た画像の色域に関する研究
下平美文静岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 色域が現在の標準規格を越える撮像および表示機器が多数研究開発されている.従って,これら規格内で検討されて来た画質の考え方を,規格を越えるものにそのまま適用出来ない状態がある.そこで本稿では,概ね視覚の色域からHDTV色域程度まで色域を変えて画像を表示した場合に,それらの画質につい主観評価実験を行った.その結果,視覚色域の画像の画質と比較して許容される画質が得られる色域は概ねHDTV程度であった.しかし,画質の違いは認識されているので,測色的な色再現が求められる用途には,物体色の色域程度以上の広い色域が必要である.これらの知見は今後の画像機器の持つべき特性について示唆を与える. 
(英) There are some cameras and displays of which gamut is wider than those of standards on color gamut. Therefore, it is difficult to apply conventional concept on picture quality to image devises which have wider gamut than that defined in the current standards. In the present study, when color gamut is changed from the vision color gamut to that of HDTV, picture quality of images displayed with the gamut was subjectively evaluated. In the results, a size of the gamut where acceptable picture quality is perceived is around that of HDTV. However, difference of picture quality is perceived on the limit, color gamut would be required to be wider than that of object color in fields of severe color management. The knowledge gives effective guides for developments of next generation image devises and systems.
キーワード (和) 視覚色域 / 画像色域 / 画質 / カメラ / ディスプレイ / / /  
(英) Vision color gamut / Image color gamut / Picture quality / Camera / Display / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 192, IMQ2011-8, pp. 1-7, 2011年9月.
資料番号 IMQ2011-8 
発行日 2011-08-26 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2011-09-02 - 2011-09-02 
開催地(和) 静岡大学 (浜松) 
開催地(英) Shizuoka University (Hamamatsu) 
テーマ(和) ディスプレイと画質一般 
テーマ(英) Display and Image Quality 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2011-09-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画質の観点から見た画像の色域に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on Color Gamut of Images from the Standpoint of Picture Quality 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚色域 / Vision color gamut  
キーワード(2)(和/英) 画像色域 / Image color gamut  
キーワード(3)(和/英) 画質 / Picture quality  
キーワード(4)(和/英) カメラ / Camera  
キーワード(5)(和/英) ディスプレイ / Display  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下平 美文 / Yoshifumi Shimodaira / シモダイラ ヨシフミ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-09-02 13:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2011-8 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.192 
ページ範囲 pp.1-7 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IMQ-2011-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会