電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-09-02 15:25
4種類の符号化劣化検出方法を統括した非参照型総合評価方法
鈴木喬之相良直哉杉山賢二成蹊大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 多様な映像システムにおいて、より良い画質を提供するために映像品質が管理されることが望まれている。そのためには、参照画像を用いない客観画質評価方法が求められている。しかし、ディスプレイ内部などビットストリーム情報が得られない場合には、評価は容易でない。そこで、先に報告したモスキートノイズ、ブロック歪、時間軸劣化と、さらにDCTを用いた空間ボケ量の評価方法を用いる非参照総合画質評価方法を検討する。これは、再生画像のみから主観評価画質に適合する評価値を得ようとするものである。総合評価は、量子化スケールを変化させた符号化再生画像に対して行われ、主観画質評価の予測値として得る。主観画質評価値とその予測値を比較したところ、画像単位では高い相関が得られているが、全体では0.769とまだ十分でないことが分った。 
(英) In the many kinds of video system, it is desired that the picture quality is controlled to provide the better picture. For this purpose, an objective picture quality estimation method without the reference picture is required. However, the objective estimation is not easy in the display, because of lack of the bit-stream information. To respond this, we discuss the non-referenced general estimation method using the reported estimation methods of the block artifact, the mosquito noise and the temporal degradation, further, a spatial blur estimation using DCT. This method works to give the absolute results which match to the subjective picture quality using reconstructed picture only. The results of general estimation are given as the estimated value for the subjective quality of reconstructed picture. In the comparison, high correlation were measured for each sequences, however, overall performance is not enough.
キーワード (和) 客観画質評価 / 非参照評価 / ブロック歪 / モスキートノイズ / 時間軸劣化 / 空間ボケ / /  
(英) Objective Picture Quality Assessment / Block Artifact / Mosquito Noise / Temporal Degradation / Spatial Blur / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 192, IMQ2011-12, pp. 23-26, 2011年9月.
資料番号 IMQ2011-12 
発行日 2011-08-26 (IMQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IMQ  
開催期間 2011-09-02 - 2011-09-02 
開催地(和) 静岡大学 (浜松) 
開催地(英) Shizuoka University (Hamamatsu) 
テーマ(和) ディスプレイと画質一般 
テーマ(英) Display and Image Quality 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IMQ 
会議コード 2011-09-IMQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 4種類の符号化劣化検出方法を統括した非参照型総合評価方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-reference estimation method of image quality summarizing four kinds of detection for the coded degradation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 客観画質評価 / Objective Picture Quality Assessment  
キーワード(2)(和/英) 非参照評価 / Block Artifact  
キーワード(3)(和/英) ブロック歪 / Mosquito Noise  
キーワード(4)(和/英) モスキートノイズ / Temporal Degradation  
キーワード(5)(和/英) 時間軸劣化 / Spatial Blur  
キーワード(6)(和/英) 空間ボケ /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 喬之 / Takayuki Suzuki / スズキ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相良 直哉 / Naoya Sagara / サガラ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 賢二 / Kenji Sugiyama / スギヤマ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-09-02 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IMQ 
資料番号 IEICE-IMQ2011-12 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.192 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IMQ-2011-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会