電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-13 09:45
L形プローブを用いた導波管形円偏波アンテナの広帯域化
山浦真悟福迫 武熊本大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 導波管とL 形給電プローブを組み合わせた円偏波アンテナの広帯域化について検討した.入力特性および軸比特性の広帯域化のため,プローブの太さが与える円偏波特性の振幅比及び入力インピーダンスへの影響を検討した.更に,高次モードを抑制するため,導波管内部の四隅に正方形断面をもつ角柱を挿入し,軸比特性への影響を検討した.これら二つの改良を加えたアンテナは,-10dB以下のS11帯域幅にして約52%,3dB以下の軸比帯域幅にして約54%と,非常に広帯域な特性を実現する.S11特性, 軸比特性を満たす帯域の異なる周波数における放射パターンにおいて,シミュレーション,測定結果ともに良好な特性を示す. 
(英) A circularly polarized broadband antenna using a waveguide and an L-shaped feed probe is presented. The diameter of L-shaped feed probe have been changed in this antenna to enhance the 3dB bandwidth in axial ratio and the -10dB bandwidth in S11. Also, four square poles have been installed at the inside corner of the waveguide to enhance the axial ratio characteristics. This antenna shows -10dB S11 bandwidth of 52% and 3dB axial ratio bandwidth of 54%. The radiation patterns at different frequencies also show good agreement between simulation and measurement as in S11 and axial ratio characteristics.
キーワード (和) 導波管アンテナ / 広帯域円偏波アンテナ / L形給電プローブ / / / / /  
(英) Waveguide antenna / Circularly polarized broadband antenna / L-shaped feed probe / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 29, AP2011-16, pp. 61-64, 2011年5月.
資料番号 AP2011-16 
発行日 2011-05-05 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2011-05-12 - 2011-05-13 
開催地(和) 屋久島環境文化村センター 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2011-05-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) L形プローブを用いた導波管形円偏波アンテナの広帯域化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bandwidth Enhancement of Circularly Polarized Waveguide Antenna Using L-shaped Probe 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 導波管アンテナ / Waveguide antenna  
キーワード(2)(和/英) 広帯域円偏波アンテナ / Circularly polarized broadband antenna  
キーワード(3)(和/英) L形給電プローブ / L-shaped feed probe  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山浦 真悟 / Shingo Yamaura / ヤマウラ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福迫 武 / Takeshi Fukusako /
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-13 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2011-16 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.29 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2011-05-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会