電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-18 10:00
代替分離行列出力に基づく時変ソフトマスクを用いた低演算量ブラインド音源分離
近藤多伸ヤマハ/名大)・高橋 祐橋本誠一ヤマハ)・西野隆典三重大)・武田一哉名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 周波数領域の独立成分分析によるブラインド音源分離は,高性能な音声強調を実現する手法への応用も期待され,長年研究されている.しかしながら,モバイル機器における応用を考えた場合,低演算量での実現が不可欠となる.音声は特定の帯域にエネルギーが偏在するため,この特徴を利用すれば一部の帯域でのみ分離行列を学習し,残りは死角型ビームフォーマで代替することが可能である.死角型ビームフォーマは低域の出力が減衰し,分離信号における歪が大きくなってしまう問題を持つが,代替分離行列出力間から得られる時変ソフトマスクを用いることでこの問題を解決可能である. 
(英) Frequency domain independent component analyis has received much attention from many industries for high performace speech enhancement applications. When this method would be applied to mobile devices, it is important to develop a fewer computational method.A speech signal consists of a set of some predominant frequency bands, therefore, a separation matrix could be learned on limited frequency bands, and the null-beamformer could be an alternative separation matrix on the other bands. Outputs of the null-beamformer has distortion caused by attenuation in the low frequency region, however, a frame-wise spectral softmask based on output signals via the alternative separation matrix mitigates this problem.
キーワード (和) ブラインド音源分離 / 独立成分分析 / マイクロフォンアレイ / 音声強調 / / / /  
(英) blind source separation / independent component analysis / microphone arrays / speech enhancement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 471, EA2010-126, pp. 1-6, 2011年3月.
資料番号 EA2010-126 
発行日 2011-03-11 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-03-18 - 2011-03-18 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-03-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 代替分離行列出力に基づく時変ソフトマスクを用いた低演算量ブラインド音源分離 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Tiny-setup Blind Source Separation via Time-Varying Softmask based on Alternative Separation Matrix 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブラインド音源分離 / blind source separation  
キーワード(2)(和/英) 独立成分分析 / independent component analysis  
キーワード(3)(和/英) マイクロフォンアレイ / microphone arrays  
キーワード(4)(和/英) 音声強調 / speech enhancement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 多伸 / Kazunobu Kondo / コンドウ カズノブ
第1著者 所属(和/英) ヤマハ研究開発センター (略称: ヤマハ/名大)
Corporate R&D Center, Yamaha Corporation (略称: Yamaha Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 祐 / Yu Takahashi / タカハシ ユウ
第2著者 所属(和/英) ヤマハ研究開発センター (略称: ヤマハ)
Corporate R&D Center, Yamaha Corporation (略称: Yamaha Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 誠一 / Seiichi Hashimoto / ハシモト セイイチ
第3著者 所属(和/英) ヤマハ研究開発センター (略称: ヤマハ)
Corporate R&D Center, Yamaha Corporation (略称: Yamaha Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 隆典 / Takanori Nishino / ニシノ タカノリ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一哉 / Kazuya Takeda / タケダ カズヤ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-18 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2010-126 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会