電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-18 10:30
時空間正則化を用いた正準相関分析による部分マッチング法
児玉吉晃筑波大)・小林 匠大津展之産総研)・福井和広筑波大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数の静止画像あるいは動画像が与えられた場合,それらの間で類似している領域を探し出すという部分マッチングの問題は,実用上のニーズも高く認識問題にとっても基本的な問題である.本稿では正準相関分析をベースにした部分マッチング法を提案する.提案法では,(動)画像を時空間的な局所領域から,それぞれ特徴ベクトルを抽出し,1枚の(動)画像を複数の特徴ベクトルの集合として表す.これらの特徴ベクトル集合に正準相関分析を適用して,その際に得られる特徴ベクトルに対する重みに基づいて類似領域を抽出することで部分マッチングを行う.しかしながら,正準相関分析を単純に適用するだけでは,特徴ベクトル集合内での関係性をほとんど考慮していないために,高精度で安定な部分マッチングを実現することは難しい.そこで,提案法では正準相関分析に時空間における特徴ベクトルの連続性を考慮する正則化を導入する.この時空間正則化を導入した正準相関分析を部分マッチングに適用することで,高精度な部分マッチングが実現できることを物体検出と動作検出の実験において確認した. 
(英) It is a fundamental and important procedure to detect similar regions from some images or videos. We propose a novel method for partial matching in the framework of canonical correlation analysis (CCA) incorporating the regularization based on spatio-temporal continuity. The proposed method can detect matched spatio-temporal regions without explicitly segmenting those. In experiments, we applied the method to motion detection and object detection and confirmed the effectiveness.
キーワード (和) 部分マッチング / 正準相関分析 / 時空間正則化 / 物体検出 / 動作検出 / / /  
(英) Partial Matching / Canonical Correlation Analysis / Spatio-temporal Regularization / Object Detection / Motion Detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 414, PRMU2010-223, pp. 99-104, 2011年2月.
資料番号 PRMU2010-223 
発行日 2011-02-10 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU  
開催期間 2011-02-17 - 2011-02-18 
開催地(和) 埼玉大 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像処理とTRECVID 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-02-PRMU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時空間正則化を用いた正準相関分析による部分マッチング法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Partial Matching Method using Spatio-temporal Regularized Canonical Correlation Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 部分マッチング / Partial Matching  
キーワード(2)(和/英) 正準相関分析 / Canonical Correlation Analysis  
キーワード(3)(和/英) 時空間正則化 / Spatio-temporal Regularization  
キーワード(4)(和/英) 物体検出 / Object Detection  
キーワード(5)(和/英) 動作検出 / Motion Detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 吉晃 / Yoshiaki Kodama / コダマ ヨシアキ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 匠 / Takumi Kobayashi / コバヤシ タクミ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大津 展之 / Nobuyuki Otsu / オオツ ノブユキ
第3著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 和広 / Kazuhiro Fukui / フクイ カズヒロ
第4著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. Tsukuba)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-02-18 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-223 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.414 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-02-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会