電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 17:35
視線推定を用いた遠隔視覚的共同注意の実現
古沢香織西口敏司阪工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 人間同士の対話において,相手が何を見ているかが分かるという状況を視覚的共同注意と呼び,自然なコミュニケーションのために重要である.一方,現在一般に普及しつつある遠隔地間の映像対話コミュニケーションツールでは,映像と音声を互いに送受信することによって対話を実現しているが,相手の視線に関する情報が伝え難いため,共存感が得られ難く,自然なコミュニケーションという観点からは問題である.そこで本研究では,遠隔地間での視覚的共同注意を実現するための要素技術として,対話者の視線を推定する手法について考察する. 
(英) In our conversation, the situation of understanding what the other person is looking is called a visual joint attention, and it is important for natural communications to establish the visual joint attention. On the other hand, remote communication tools handling with video and audio are recently widespread. However, these tools cannot establish natural communication because they cannot transmit information about other person’s line of sight. In this paper, we study gaze estimation of interlocutors for in remote environment for element technology of realization of remote visual joint attention.
キーワード (和) 遠隔コミュニケーション / 視覚的共同注意 / 視線推定 / / / / /  
(英) Remote Communication / Visual Joint Attention / Gaze Estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 381, PRMU2010-201, pp. 393-397, 2011年1月.
資料番号 PRMU2010-201 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視線推定を用いた遠隔視覚的共同注意の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Realization of Visual Joint Attention in Remote Environment Based on Gaze Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔コミュニケーション / Remote Communication  
キーワード(2)(和/英) 視覚的共同注意 / Visual Joint Attention  
キーワード(3)(和/英) 視線推定 / Gaze Estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古沢 香織 / Kaori Furusawa / フルサワ カオリ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西口 敏司 / Satoshi Nishiguchi /
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 17:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-201,IEICE-MVE2010-126 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.393-397 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会