電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 16:35
不透明発光粒子モデルに基づく祇園祭・船鉾の内部立体構造可視化
植村 誠松田洸一山本真嗣長谷川恭子仲田 晋田中 覚立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,レーザ計測によって得られた祇園祭・船鉾の三次元点群データに対して,新開発の「粒子ベースレンダリング」を適用することで,船鉾の三次元構造を高品質かつ分かりやすく半透明可視化することを目的としている.半透明可視化では写真や実物では見ることのできない内部構造を明確に提示でき,これを粒子ベースレンダリングで可視化することで,従来のポリゴン化を必要とした半透明可視化に比べ,以下のような利点がある:(1)ポリゴン化による取得点群の損失(間引き)が発生しなくなる(2)ポリゴンのソート処理が必要ないため,生成ポリゴンに交差や接触がある場合の不正確な可視化が行われず,取得点群の正確な半透明可視化が実現できる.(3)構造の輪郭部が強調され,立体感のある半透明可視化が可能.本報告ではレーザ計測で取得した船鉾の外周,車輪,車軸の三種類の点群データを統合したモデルに加え,モデリングソフトにて作成した人工的なポリゴンモデルを船鉾の内部に配置し,粒子ベースレンダリングにて全体の構造を可視化した結果を報告する. 
(英) In this paper, we report status of our research project of visualizing laser-scanned data of Funeboko of Gion Festival in Kyoto. We use the acquired point data set to execute the particle-based rendering for transparent visualization of the inner 3D structure. We have confirmed that our approach enables high-quality and easy-to-understand visualization. It compensates disadvantages of the conventional visualization based on the polygonization, i.e., loss of points in the processing, incorrectness coming from insufficiency of data, unclearness, etc. We show our current results of visualizing the outside walls, wheels, axles, and inner bony structures separately and integrally.
キーワード (和) 祇園祭 / 船鉾 / 粒子ベースレンダリング / 半透明可視化 / / / /  
(英) Gion-Festival / Funeboko / particle-based rendering / transparent visualization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 382, MVE2010-112, pp. 311-316, 2011年1月.
資料番号 MVE2010-112 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不透明発光粒子モデルに基づく祇園祭・船鉾の内部立体構造可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualizing inner 3D structure of Gion-Festibal Funeboko based on the opaque illuminant particle model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 祇園祭 / Gion-Festival  
キーワード(2)(和/英) 船鉾 / Funeboko  
キーワード(3)(和/英) 粒子ベースレンダリング / particle-based rendering  
キーワード(4)(和/英) 半透明可視化 / transparent visualization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 植村 誠 / Makoto Uemura /
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsmeikan Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 洸一 / Koichi Matsuda /
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsmeikan Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 真嗣 / Masatsugu Yamamoto /
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsmeikan Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 恭子 / Kyoko Hasegawa /
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsmeikan Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲田 晋 / Susumu Nakata /
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsmeikan Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 覚 / Satoshi Tanaka /
第6著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsmeikan Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2010-187,IEICE-MVE2010-112 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.311-316 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会