電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 16:10
双曲面ハーフミラーを用いた広視野頭部搭載プロジェクタのための再帰性半透過スクリーンの検討
グェン ヴァン ドゥック間下以大清川 清竹村治雄阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,一般の頭部搭載プロジェクタ(HMPD,Head Mounted Projective Display) の平板ハーフミラーを
双曲面ハーフミラーに置き換えることで広視野化を実現したHyperboloidal HMPD (HHMPD) が提案されている.一
般のHMPD やHHMPD は,映像提示のために再帰反射スクリーンが必要なため,屋外などのウェアラブル環境では
利用できないという欠点がある.ウェアラブル環境で利用するために再帰性と透過性を両立するスクリーンが従来提
案されているが,既存手法では精密な加工を要するため製造が困難であるなどの問題があった.本研究では再帰性半
透過スクリーンの簡易な実現方法をいくつか検討し,実際にスクリーンを試作した.小型プロジェクタを用いた映像
投影試験の結果,再帰性と透過性を両立できること,また,換算視力は0.07 程度と低いものの視距離によらず実物体
に重畳して投影像を観察できることを確認した. 
(英) Recently, a Hyperboloidal Head Mounted Projective Display (HHMPD) has been proposed by using a
hyperboloidal mirror instead of a planar mirror in a Head Mounted Projective Display (HMPD). This HHMPD can
provide a wide field-of-view (FOV), a large observational pupil, and optical see-through capability. A typical HMPD
or HHMPD requires a retro-reflective screen to display images so it can not be used in outdoor or in a wearable
environment. In order to make a HMPD available anywhere, a number of screens have been proposed that achieve
both retro-reflection and optical transparancy. However existing approaches have problems such as being difficult
to manufacture due to precision machining. In this article, explored are a number of simple implementations of a
retro-reflective semi-transparent screen. Experimental results show that our prototype slide screen achieves both
retro-reflection and optical transparency, and that the projected image from a small projector is clearly overlaid
onto a real object with visual acuity of 0.07 or 14 minarc regardless of the distance of sight.
キーワード (和) 頭部搭載型プロジェクタ / 再帰性半透過スクリーン / ウェアラブルコンピューティング / / / / /  
(英) HHMPD / retro-reflective semi-transparent screens / wearable computing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 382, MVE2010-119, pp. 353-358, 2011年1月.
資料番号 MVE2010-119 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 双曲面ハーフミラーを用いた広視野頭部搭載プロジェクタのための再帰性半透過スクリーンの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design Considerations for a Semi-transparent Retro-reflective Screen for a Wide-view Head Mounted Projective Display using a Hyperboloidal Half-mirror 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 頭部搭載型プロジェクタ / HHMPD  
キーワード(2)(和/英) 再帰性半透過スクリーン / retro-reflective semi-transparent screens  
キーワード(3)(和/英) ウェアラブルコンピューティング / wearable computing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) グェン ヴァン ドゥック / Duc Nguyen Van / グェン ヴァン ドゥック
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ,)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 間下 以大 / Tomohiro Mashita / マシタ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ,)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清川 清 / Kiyoshi Kiyokawa / キヨカワ キヨシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ,)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 治雄 / Haruo Takemura / タケムラ ハルオ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ,)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2010-194,IEICE-MVE2010-119 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.353-358 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会