電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 09:00
動的照明による織物の異方性反射レンダリング
西脇靖洋坂口嘉之田中弘美立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 日本の伝統芸能である能楽には薪能と呼ばれる、能舞台の周囲にかがり火を焚いて、演目を演じる能が存在する。本研究では薪能が持つ、炎の動的な照明により照らされる織物のリアリスティックな質感、そして日本文化の趣深い空間をCGでシミュレーションする。炎を事前にレンダリングし、輝度変化を記録することで動的な環境マップテクスチャが生成される。また多方向照明HDR画像を用い織物をBRDFレンダリングすることで、より実世界に近い布シミュレーションが可能となる。結果として本シミュレーションによりユーザーは任意の場所に任意の大きさの炎を設置し、多視点で薪能環境を鑑賞することができる。 
(英) We restored a Takigi Noh, which is a National Treasure of Japan. The Takigi Noh’s actor wears Noh costume , which is illuminated by the fire. In this paper, we propose a real-time method for rendering of Woven Fabrics in dynamic fire lighting environment. As a preprocess, dynamic lighting, static lighting and BRDF(Bidirectional Reflectance Distribution Function) function are represented using spherical harmonics. The BRDF function is generated from multi-illuminated HDR(High Dynamic Range)image analysis. The rendering method results arbitrarily chosen position and size of fire, in addition user can appreciate every view point.
キーワード (和) 薪能 / 事前計算輝度伝搬 / 双方向分布関数 / ハイダミックレンジ画像 / / / /  
(英) Takigi Noh / Precomputed Radiance Transfer / BRDF / High Dynamic Range / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 382, MVE2010-102, pp. 223-228, 2011年1月.
資料番号 MVE2010-102 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的照明による織物の異方性反射レンダリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Anisotropic Reflectance Rendering of Woven Fabrics using Dynamic Lighting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 薪能 / Takigi Noh  
キーワード(2)(和/英) 事前計算輝度伝搬 / Precomputed Radiance Transfer  
キーワード(3)(和/英) 双方向分布関数 / BRDF  
キーワード(4)(和/英) ハイダミックレンジ画像 / High Dynamic Range  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西脇 靖洋 / Yasuhiro Nishiwaki / ニシワキ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂口 嘉之 / Yoshiyuki Sakaguchi / サカグチ ヨシユキ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 弘美 / Hiromi T. Tanaka / タナカ ヒロミ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2010-177,IEICE-MVE2010-102 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.223-228 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会