電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 10:25
透明物体に内包される不透明物体のシルエット形状補正
鈴本悠輝浦西友樹奈良先端大)・眞鍋佳嗣奈良先端大/千葉大)・池田 聖千原國宏奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 透明物体の形状計測に関する研究はいくつか報告されているが,虫入り琥珀のように,不透明物体を内包する透明物体において,物体の外部表面と内部の不透明物体の両方の形状を計測する手法は確立されていない.我々はこれまでに,背景にパターンを投影した撮影画像から不透明物体と透明物体のシルエットを分離抽出し,視体積交差法を用いて外部表面形状および不透明物体の形状を計測する手法を提案している.このとき,不透明物体のシルエットは,透明物体による屈折の影響を受けて形状が変化している.そこで本発表では,透明物体の屈折率を推定し,不透明物体のシルエット形状を補正する手法について述べる. 
(英) This paper proposes the method for correcting the shape of the silhouette of an opaque part included by a transparent object. We have proposed the method for separating a silhouette of the object into the silhouette of an opaque part and the silhouette of the transparent envelope to measure both of the shape in same time. However, the silhouette of the opaque part is warped due to a refraction caused by the transparent envelope of the object. The proposed method estimates a refractive index of the transparent envelope and corrects the shape of the silhouette of the opaque part according to the refractive index and the shape of the transparent envelope.
キーワード (和) シルエット形状補正 / 不透明物体を内包する透明物体 / 視体積交差法 / 三次元形状計測 / / / /  
(英) Silhouette shape correction / transparent object including opaque part / shape from silhouette / 3D shape measurement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 381, PRMU2010-180, pp. 267-271, 2011年1月.
資料番号 PRMU2010-180 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 透明物体に内包される不透明物体のシルエット形状補正 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Silhouettes Shape Correction of Opaque Part Included by Transparent Object 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シルエット形状補正 / Silhouette shape correction  
キーワード(2)(和/英) 不透明物体を内包する透明物体 / transparent object including opaque part  
キーワード(3)(和/英) 視体積交差法 / shape from silhouette  
キーワード(4)(和/英) 三次元形状計測 / 3D shape measurement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴本 悠輝 / Yuki Suzumoto / スズモト ユウキ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦西 友樹 / Yuki Uranishi / ウラニシ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞鍋 佳嗣 / Yoshitsugu Manabe / マナベ ヨシツグ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学/千葉大学 (略称: 奈良先端大/千葉大)
Nara Institute of Science and Technology/Chiba University (略称: NAIST/Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 聖 / Sei Ikeda / イケダ セイ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 千原 國宏 / Kunihiro Chihara / チハラ クニヒロ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-180,IEICE-MVE2010-105 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.267-271 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会