電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 16:10
正規化固有顔を用いた顔形状推定・照明変換・識別処理の一体化
尺長 健岡 裕希岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は従来から照明変動を含む顔画像集合から作成される正規化固有空間(固有顔)を用いて,照明変動に影響されない顔認識系や追跡系を構成する方法を検討してきた.本稿では,これをベースとして,正規化固有顔と3次元形状情報を一体化することで,顔の3 次元形状推定,照明変換,識別処理を統一的に行う枠組みを提案する.具体的には,画像からの形状推定を線形写像で取扱い,照明変動に影響されない形状推定法を実現する.また,未知画像が登録画像集合の加重平均で表現することで,形状推定や人物識別を加重方程式と名付けた線形方程式に帰着する. 
(英) This paper proposes augmented eigenface, which consists of normalized eigenface and an associative mapping to 3d shape. The augmented eigenface is constructed from a set of image-shape pairs that are equivalent to volumetric face models. This paper discusses how to make up the augmented eigenface from a set of image-shape pairs, and how it can be utilized for inference of 3d shape and person identification.
キーワード (和) 正規化固有顔 / 形状推定 / 照明適応 / 顔識別 / 拡張固有顔 / 加重方程式 / /  
(英) Normalized eigenface / shape estimation / photometric adjustment / person identification / augmented eigenface / weight equation system / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 381, PRMU2010-190, pp. 329-334, 2011年1月.
資料番号 PRMU2010-190 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 正規化固有顔を用いた顔形状推定・照明変換・識別処理の一体化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Unified approach to face shape recovery, photometric transformation, and person identification based on normalized eigenface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 正規化固有顔 / Normalized eigenface  
キーワード(2)(和/英) 形状推定 / shape estimation  
キーワード(3)(和/英) 照明適応 / photometric adjustment  
キーワード(4)(和/英) 顔識別 / person identification  
キーワード(5)(和/英) 拡張固有顔 / augmented eigenface  
キーワード(6)(和/英) 加重方程式 / weight equation system  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尺長 健 / Takeshi Shakunaga / シャクナガ タケシ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 裕希 / Yuki Oka / オカ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-190,IEICE-MVE2010-115 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.329-334 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会