電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 17:10
実環境下における位置姿勢推定のための頑健な物体検出法
佐々木祐也林 佳宏岡田至弘龍谷大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,カメラにより撮像された物体の位置姿勢を推定するための物体検出手法を提案する. 直方体に近似した物体の面から,その頂点情報を取得する.実環境において,人が物体を保持する場合,手などによる物体に生じる隠れを考慮し,輪郭線などから位置姿勢推定に必要なパラメータを補完する.また,人物動作が物体の姿勢に影響するため,動作を推定した上で,物体の頂点情報推定および物体の隠れ領域の補完による安定な物体検出が可能であることを示す.本手法の適用例として位置姿勢を用いたユーザインタフェースによる展示支援システムへの実装例を示し有用性を検証する. 
(英) In this paper, we propose a new object detection method for pose estimation of real object in the camera image. The shape of object is a rectangle, and our method detects vertexes on this plane. In this case, our method supplements necessary parameters using on outline of object with occlusion of object in real environments. Because actions of user influence poses of object in the case of user has object, detection is made robustness in supplement of object after estimation of actions. We propose an interface using pose and verify usefulness.
キーワード (和) 位置姿勢推定 / 動作解析 / 物体検出 / 頂点推定 / / / /  
(英) pose estimation / action analyze / object detection / vertexes of a square estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 381, PRMU2010-204, pp. 411-416, 2011年1月.
資料番号 PRMU2010-204 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実環境下における位置姿勢推定のための頑健な物体検出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robust to Object Detection for Pose Estimation in Real Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置姿勢推定 / pose estimation  
キーワード(2)(和/英) 動作解析 / action analyze  
キーワード(3)(和/英) 物体検出 / object detection  
キーワード(4)(和/英) 頂点推定 / vertexes of a square estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 祐也 / Yuya Sasaki / ササキ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 佳宏 / Yoshihiro Hayashi / ハヤシ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 至弘 / Yoshihiro Okada / オカダ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 17:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-204,IEICE-MVE2010-129 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.411-416 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会