電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-21 15:45
高周波成分を考慮したFace Hallucination法
笹谷 聡韓 先花大橋基範岩本祐太郎陳 延偉立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 学習ベース超解像処理の1つであるFace Hallucination法は, 事例学習に基づき単一低解像度顔画像から高解像度顔画像を生成する手法である. この手法により生成した画像は高周波成分が欠落し本来の顔特徴が失われている可能性があり, 何らかの方法で高周波成分を復元しなければならない. 本発表では, 高周波成分を考慮したFace Hallucination法を提案する. 提案法は, 以下の3つのステップからなる. ?従来のFace Hallucination法により高解像度画像を生成する;?生成した高解像度画像をダウンサンプリングし, 入力低解像度画像との残差画像を生成し, その残差画像から従来のFace Hallucination法で高解像度残差画像を生成する;?ステップ1で生成した高解像度画像にステップ2で生成した高解像度残差画像を補填することでより鮮明な高解像度顔画像を生成する. 
(英) Face Hallucination method is one of learning-based super-resolution techniques, which can reconstruct a high-resolution image from only a single low-resolution image based on machine learning methods. However, it is difficult to reconstruct the detailed high-frequency components. In this paper, we proposed a high frequency compensated face hallucination method. The proposed method is a three-step method: ?reconstruct a high-resolution image by using conventional face hallucination method; ?calculate a low-resolution residual image between the input low-resolution image and the downsampled reconstructed high-resolution image and then reconstruct a high-resolution residual image by using the conventional face hallucination method; ?compensate the high-resolution residual image to the reconstructed high-resolution image in step 1.
キーワード (和) Face Hallucination法 / 超解像技術 / 線形結合 / 主成分分析 / 残差画像 / / /  
(英) Face Hallucination / Super-Resolution / Linear Combination / Principal Component Analysis / Residual Image / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 381, PRMU2010-189, pp. 323-328, 2011年1月.
資料番号 PRMU2010-189 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高周波成分を考慮したFace Hallucination法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High Frequency Compensated Face Hallucination Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Face Hallucination法 / Face Hallucination  
キーワード(2)(和/英) 超解像技術 / Super-Resolution  
キーワード(3)(和/英) 線形結合 / Linear Combination  
キーワード(4)(和/英) 主成分分析 / Principal Component Analysis  
キーワード(5)(和/英) 残差画像 / Residual Image  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹谷 聡 / So Sasatani / ササタニ ソウ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 韓 先花 / Xian-Hua Han / ハン シュカ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 基範 / Motonori Ohashi / オオハシ モトノリ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 祐太郎 / Yutaro Iwamoto / イワモト ユウタロウ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 延偉 / Yen-Wei Chen / チン エンイ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-21 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-189,IEICE-MVE2010-114 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.323-328 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会