電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 09:25
遠隔協調作業支援のための装着型ProCamシステムを用いた三次元再構築
森島茂貴間下以大清川 清竹村治雄阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は,作業者周囲の実環境を再現した三次元形状モデルを用いて遠隔の熟練者が指示を与える遠隔協調作業支援システムについて研究している.
過去に提案したシステムでは主に2つの問題点があった.
1つは据置型の三次元形状計測装置を用いており,作業者自身のオクルージョンが計測の妨げとなること,
もう1つは作業者が装着する頭部搭載型ディスプレイ(HMD)の拘束感が強く,長時間の使用に向かないことであった.
そこで,本稿では作業者の胴体に小型プロジェクタとカメラを装着し,
作業者周囲の三次元形状モデルを獲得すると同時に周囲環境への情報提示を行うウェアラブルAR システムを提案し,
その特徴と実現のための技術的課題について議論する.
また,その第一歩として,試作システムを用いた三次元再構築の結果について述べる. 
(英) We have been studying a remote collaboration system in which an instructor gives instructions to a remote worker using a reconstructed 3D geometric model around the worker.
Major problems of our previous system include that 3D measurement by a stationary rangefinder is often hindered by the worker herself, and that a head mounted display is not comfortable to use in a longer period.
In this article, proposed is a wearable ProCam system consisting of a small projector and a camera mounted on a worker's torso.
Also discussed are the characteristics of the proposed system as well as its technical challenges.
Some early results of 3D reconstruction with a prototype system are also reported.
キーワード (和) 遠隔協調作業 / ProCam / 三次元形状モデル / 構造化光投影法 / / / /  
(英) Remote Collaboration / ProCam / 3D Geometric Model / Coded Structured Light Method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 382, MVE2010-75, pp. 7-12, 2011年1月.
資料番号 MVE2010-75 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遠隔協調作業支援のための装着型ProCamシステムを用いた三次元再構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3D Reconstruction by using a Wearable ProCam System for Remote Collaboration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遠隔協調作業 / Remote Collaboration  
キーワード(2)(和/英) ProCam / ProCam  
キーワード(3)(和/英) 三次元形状モデル / 3D Geometric Model  
キーワード(4)(和/英) 構造化光投影法 / Coded Structured Light Method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森島 茂貴 / Shigeki Morishima / モリシマ シゲキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Handai)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 間下 以大 / Tomohiro Mashita / マシタ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Handai)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清川 清 / Kiyoshi Kiyokawa / キヨカワ キヨシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Handai)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 治雄 / Haruo Takemura / タケムラ ハルオ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Handai)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2010-150,IEICE-MVE2010-75 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会