電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 11:15
認知機能リハビリのための調理動作認識を利用した遠隔調理支援方式の提案
桑幡千裕畑 達明中西裕之宮脇健三郎佐野睦夫阪工大)・米村俊一NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高次脳機能障害者や軽度認知障害者の認知機能向上を目指したリハビリテーションの一環として,生活行動の基本である調理に着目し,認知機能の状態に応じて調理支援を行うシステムを開発している.本研究では,手首に装着した加速度センサやカメラでの調理動作認識を介して調理のステータス管理を行うことにより,遠隔リハビリ支援を実現する可能性について,簡単な認識実験を通して検討した結果を報告する. 
(英) We are focusing on the cooking as rehabilitation of cognitive dysfunctions. The goal of our research is a system which can provide the cooking support suitable to the many kind of cognitive dysfunctions. For this, it is essential to recognize activities of cooking. In this paper, we propose a method which uses acceleration sensors and can recognize the cooking activities.
キーワード (和) 料理メディア / 料理行動支援 / リハビリテーション / 高次脳機能障害 / / / /  
(英) Cooking Media / Cooking Activity Support / Rehabilitation / Cognitive Dysfunction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 381, PRMU2010-164, pp. 93-96, 2011年1月.
資料番号 PRMU2010-164 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 認知機能リハビリのための調理動作認識を利用した遠隔調理支援方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Remote Cooking Support using Cooking Action Recognition for Cognitive Function Rehabilitation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 料理メディア / Cooking Media  
キーワード(2)(和/英) 料理行動支援 / Cooking Activity Support  
キーワード(3)(和/英) リハビリテーション / Rehabilitation  
キーワード(4)(和/英) 高次脳機能障害 / Cognitive Dysfunction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 桑幡 千裕 / Chihiro Kuwabata / クワバタ チヒロ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑 達明 / Tatsuaki Hata / ハタ タツアキ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 裕之 / Hiroyuki Nakanishi / ナカニシ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮脇 健三郎 / Kenzaburo Miyawaki / ミヤワキ ケンザブロウ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 睦夫 / Mutsuo Sano / サノ ムツオ
第5著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 米村 俊一 / Shunichi Yonemura / ヨネムラ シュンイチ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-164,IEICE-MVE2010-89 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.93-96 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会