電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 09:00
確率密度関数とEM/MPMアルゴリズムを用いたCT画像コントラスト強調と肝腫瘍検出
増田 優健山智子立命館大)・Wei XiongJiayin ZhouInst. for Infocomm Research)・若宮 誠金崎周造古川 顕滋賀医科大)・陳 延偉立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 肝腫瘍検出方法に関しては多くの手法が提案されており, それらは濃度値情報を基本としたものである. しかし, 画像のコントラストが良くない場合には検出が困難になるという問題がある. そこで, 学習用データから作成した確率密度関数を用いてヒストグラム変換をすることにより画像のコントラストを改善する方法を前処理として行う. その後, EM/MPMアルゴリズムを用いることにより, 腫瘍を検出した. 
(英) There are many methods for detecting Liver tumor. And those methods are based on intensity information. However, if the contrast of CT images is low, it is difficult to detect the tumor accurately. In this paper, we propose a contrast enhancement method based on probability density function which can be obtained from training data. After preprocessing of contrast enhancement, we use an EM/MPM algorithm to detect the tumor.
キーワード (和) 肝腫瘍 / CT画像 / 確率密度関数 / EM/MPMアルゴリズム / / / /  
(英) Liver tumor / CT image / Probability density function / EM/MPM algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 381, PRMU2010-153, pp. 21-26, 2011年1月.
資料番号 PRMU2010-153 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率密度関数とEM/MPMアルゴリズムを用いたCT画像コントラスト強調と肝腫瘍検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) CT Image Contrast Enhancement and Liver Tumor Detection by using Probability Density Functions and EM/MPM Algorithms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 肝腫瘍 / Liver tumor  
キーワード(2)(和/英) CT画像 / CT image  
キーワード(3)(和/英) 確率密度関数 / Probability density function  
キーワード(4)(和/英) EM/MPMアルゴリズム / EM/MPM algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 優 / Yu Masuda / マスダ ユウ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 健山 智子 / Tomoko Tateyama / タテヤマ トモコ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Wei Xiong / Wei Xiong /
第3著者 所属(和/英) Institute for Infocomm Research, A*STAR, Singapore. (略称: Inst. for Infocomm Research)
Institute for Infocomm Research, A*STAR, Singapore. (略称: Inst. for Infocomm Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Jiayin Zhou / Jiayin Zhou / ワカミヤ マコト
第4著者 所属(和/英) Institute for Infocomm Research, A*STAR, Singapore. (略称: Inst. for Infocomm Research)
Institute for Infocomm Research, A*STAR, Singapore. (略称: Inst. for Infocomm Research)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 若宮 誠 / Makoto Wakamiya / カナサキ シュウゾウ
第5著者 所属(和/英) 滋賀医科大学 (略称: 滋賀医科大)
Shiga University of Medical Science (略称: Shiga Univ. of Medical Science)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 金崎 周造 / Shuzo Kanasaki / フルカワ アキラ
第6著者 所属(和/英) 滋賀医科大学 (略称: 滋賀医科大)
Shiga University of Medical Science (略称: Shiga Univ. of Medical Science)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 顕 / Akira Furukawa / チン エンイ
第7著者 所属(和/英) 滋賀医科大学 (略称: 滋賀医科大)
Shiga University of Medical Science (略称: Shiga Univ. of Medical Science)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 延偉 / Yen-Wei Chen / チン エンイ
第8著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-153,IEICE-MVE2010-78 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会