電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-20 11:15
大規模ボリュームデータ可視化システムを用いたデータマイニングのための携帯情報端末によるユーザインタフェース
老田健太郎繁田浩功間下以大清川 清竹村治雄阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 科学技術計算によって生成される大規模なボリュームデータを理解するためには,大型ディスプレイに高解像度の可視化結果を表示することが有用である.しかし,マウスやキーボードなどの一般的な入力デバイスは大型ディスプレイの作業に適しておらず,特にディスプレイの前を移動しながら利用することができない.本研究では,大型ディスプレイに可視化された大規模ボリュームデータの伝達関数を実時間で操作可能な,携帯情報端末を用いた持ち運び可能なユーザインタフェースについて検討する.本稿では,粒子ベースボリュームレンダリング手法を用いた可視化サーバや,伝達関数を操作するグラフィカルユーザインタフェースを提供する携帯情報端末などのシステム構成や実装の詳細について述べ,試作したユーザインタフェースの動作や有効性について報告する. 
(英) Large-scale volume data visualization must take into account interactive transfer function control for data mining and scienti c discovery. A high-resolution, large display is often used for displaying large-scale volume data, and so conventional input devices such as a mouse and a keyboard are not practical. This article presents on-going work on an interactive large-scale volume visualization system incorporating a handheld device for interactive control and a particle-based algorithm for volume rendering. With this system, transfer function control is realized with a dedicated graphical user interface on a handheld device. A preliminary implementation of the prototype user interface is also reported.
キーワード (和) 大規模ボリュームデータ / 粒子ベースボリュームレンダリング / 携帯情報端末 / 伝達関数 / / / /  
(英) Large-scale volume data / particle based volume rendering / handheld device / transfer function / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 382, MVE2010-85, pp. 69-74, 2011年1月.
資料番号 MVE2010-85 
発行日 2011-01-13 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU MVE IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-01-20 - 2011-01-21 
開催地(和) 立命館大学 びわこ・くさつキャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) MR/ARの実用化に向けたCV/PR技術の課題と展望(PRMU,VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2011-01-PRMU-MVE-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模ボリュームデータ可視化システムを用いたデータマイニングのための携帯情報端末によるユーザインタフェース 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Handheld User Interface for Data Mining within Large-scale Volume Visualization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大規模ボリュームデータ / Large-scale volume data  
キーワード(2)(和/英) 粒子ベースボリュームレンダリング / particle based volume rendering  
キーワード(3)(和/英) 携帯情報端末 / handheld device  
キーワード(4)(和/英) 伝達関数 / transfer function  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 老田 健太郎 / Kentaro Oita / オイタ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 繁田 浩功 / Hironori Shigeta / シゲタ ヒロノリ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 間下 以大 / Tomohiro Mashita / マシタ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清川 清 / Kiyoshi Kiyokawa / キヨカワ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 治雄 / Haruo Takemura / タケムラ ハルオ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-20 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2010-160,IEICE-MVE2010-85 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.381(PRMU), no.382(MVE) 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-01-13,IEICE-MVE-2011-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会