電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-12-16 08:30
個人性を考慮したGMMに基づいた音楽の印象推定モデルに関する研究
西尾圭一郎酒向慎司北村 正名工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では,音楽の音響信号から得られる特徴からそれに対応する印象を推定することを主な目的とし,
GMM に基づいて両者の対応関係のモデル化を試みている.これまでの提案法では,個人の嗜好に応じた印象推定に
は十分に対応できない問題あった.そこで本稿では,音楽から受ける印象の多様性に着目し,個人による印象の差異
に対応した印象推定のモデル化を試みる.音楽の印象は,個人の趣味や嗜好に依存したものであるが,多くの人で共
通する部分も少なくないため,印象には共通性と個人性の二つがあると考えられる.そこで,多人数の印象評価デー
タから,印象の傾向の共通性と非共通性に応じて印象推定モデルを適切に分類する手法を提案し,有効性を確認する. 
(英) We attempt to make a model based on GMM that describes the feature obtained from the sound signal
of music in relation to the feelings of it. In this paper, we think application the diversity of the impression received
from music to the model. The feeling of music do not only depend on the individual, but also have a common part
in a lot of people. So it is necessary to consider the commonness and the individuality of it. Then, we propose the
technique for appropriately classifying the feeling estimation model responding to the tendency to different feelings.
キーワード (和) 感性情報処理 / ガウス混合モデル / 印象評価 / 個人性 / / / /  
(英) kansei information processing / Gaussian Mixture Model / feeling estimation / individuality of feeling / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2010-12-15 - 2010-12-17 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Seagai resort 
テーマ(和) HCGシンポジウム2010 
テーマ(英) HCG Symposium 2010 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2010-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 個人性を考慮したGMMに基づいた音楽の印象推定モデルに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A music feeling estimation technique based on GMM that considers individuality. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 感性情報処理 / kansei information processing  
キーワード(2)(和/英) ガウス混合モデル / Gaussian Mixture Model  
キーワード(3)(和/英) 印象評価 / feeling estimation  
キーワード(4)(和/英) 個人性 / individuality of feeling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 圭一郎 / Keiichiro Nishio / ニシオ ケイイチロウ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒向 慎司 / Shinji Sako / サコウ シンジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 正 / Tadashi Kitamura / キタムラ タダシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Institute of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-12-16 08:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会