電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-17 16:30
Y-00量子ストリーム暗号の改ざん耐性の検討
岩越丈尚広田 修玉川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 既存のストリーム暗号は、平文と擬似乱数生成器からの出力系列であるランニング鍵との排他的論理和により暗号文を生成する。この構造のために、攻撃者にとって改ざんが容易であるという問題点が存在する。一般に、ストリーム暗号に改ざん耐性を持たせることは、One time padであっても困難である。
一方、物理暗号であるY-00量子ストリーム暗号は正規受信者と盗聴者の受信特性が
異なる状態を意図的に構成できるため、改ざんに対してある程度の耐性があることが期待できる。
本稿は、Y-00の実現方式によって改ざん耐性の特徴が異なることを示し、
強度変調方式Y-00(ISK-Y00)が位相変調方式Y-00(PSK-Y00)より優れていることを例証する。 
(英) The conventional stream ciphers generate ciphertext by taking exclusive-or between plain text and running key sequence from the PRNG. However, because of this encryption, an attacker can deface the cryptogram easily. Realizing tolerability against defacing in the conventional cipher is not easy. On the other hand, since physical stream cipher called Y-00 can purposefully create differences between ciphers for a legitimate receiver and ones for an attacker, it can be expected that Y-00 can have a certain level of tolerability against defacing. In this paper, it is shown that there can be difference in tolerability against defacing via the methods in Y-00 realization, and is shown that ISK (Intensity-Shift Keying) Y-00 can have better torelatbility than PSK (Phase-Shift Keying) Y-00 has with some examples.
キーワード (和) 量子ストリーム暗号 / Y-00 / 改ざん / / / / /  
(英) Quantum stream cipher / Y-00 / Defacing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 281, ISEC2010-57, pp. 51-55, 2010年11月.
資料番号 ISEC2010-57 
発行日 2010-11-10 (ISEC, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC LOIS  
開催期間 2010-11-17 - 2010-11-18 
開催地(和) 筑波大学 
開催地(英) Tsukuba Univ. 
テーマ(和) 情報セキュリティ,ライフログ活用技術,ライフインテリジェンス,オフィス情報システム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2010-11-ISEC-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Y-00量子ストリーム暗号の改ざん耐性の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Tolerability in Defacing of Y-00 Quantum Stream Cipher 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子ストリーム暗号 / Quantum stream cipher  
キーワード(2)(和/英) Y-00 / Y-00  
キーワード(3)(和/英) 改ざん / Defacing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩越 丈尚 / Takehisa Iwakoshi / イワコシ タケヒサ
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 広田 修 / Osamu Hirota / ヒロタ オサム
第2著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-17 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2010-57,IEICE-LOIS2010-36 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.281(ISEC), no.282(LOIS) 
ページ範囲 pp.51-55 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ISEC-2010-11-10,IEICE-LOIS-2010-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会