電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-05 15:30
[ポスター講演]混合正規分布におけるベイズ法と変分ベイズ法の相違について
山田哲太郎渡辺澄夫東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 変分ベイズ法は、事後分布の平均場近似を用いて少ない演算量で精度の良い予測を実現する方法として広く用いられているが、真のベイズ法との相違の度合いや平均場近似の局所解の影響については明らかにされていなかった。これまでの研究で我々は混合正規分布の厳密な自由エネルギーを求める方法を提案したが、本研究では変分自由エネルギーとの相違を求めることによりベイズ法と変分ベイズ法の差がどの程度であるかを明らかにする。また、真の分布の学習モデルに対する特異性とハイパーパラメータの設計がその相違に及ぼす影響について明らかにする。 
(英) Variational Bayes method or mean field approximation
is widely used because it enables us to estimate the information source
accurately with small computational costs. However,
both the difference from Bayes to variational Bayes and
the effect of local minima have been left unknown.
Recently, we proposed a new method how to calculate
the rigorous Bayes free energy. In this paper,
by comparing the variational Bayes free energy with
the Bayes free energy, we clarify the difference of two
methods experimentally. The effects of singularities
of the posterior distribution and the design of the
hyperparameter are discussed in a normal mixture model.
キーワード (和) ベイズ法 / 変分ベイズ法 / 混合正規分布 / / / / /  
(英) Bayes method / Variational Bayes method / normal mixture / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 265, IBISML2010-84, pp. 181-186, 2010年11月.
資料番号 IBISML2010-84 
発行日 2010-10-28 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2010-11-04 - 2010-11-06 
開催地(和) 東大生産研 
開催地(英) IIS, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) IBIS 2010 (情報論的学習理論ワークショップ) 
テーマ(英) IBIS 2010 (Workshop on Information-based Induction Sciences) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2010-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 混合正規分布におけるベイズ法と変分ベイズ法の相違について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the difference between Bayes and Variational Bayes in a normal mixture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ベイズ法 / Bayes method  
キーワード(2)(和/英) 変分ベイズ法 / Variational Bayes method  
キーワード(3)(和/英) 混合正規分布 / normal mixture  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 哲太郎 / Tetsutaro Yamada / ヤマダ テツタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 澄夫 / Sumio Watanabe / ワタナベ スミオ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-05 15:30:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2010-84 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.265 
ページ範囲 pp.181-186 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IBISML-2010-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会