電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-04 15:00
[ポスター講演]改良された感受率伝搬法
安田宗樹田中和之東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) マルコフ確率場上での推定問題は情報科学の分野においてもっとも重要な問題のひとつである.
感受率伝搬法はビリーフプロパゲーションと線形応答を組み合わせたメッセージ伝搬タイプのアルゴリズムであり,
マルコフ確率場の共分散を推定する近似計算アルゴリズムとして知られている.
感受率伝搬法は高精度の近似推定量を与えることができるため,例えばボルツマンマシンの学習問題・推定問題など
をはじめ,幅広い応用がなされている.
本論文で我々は感受率伝搬法に改良を加え,よりよい推定量を得るための新しい枠組みを提案し,
いくつかの例題に対する数値実験を通して提案手法の妥当性を示す.
我々の提案手法は従来法と同等の計算量でより高性能な推定結果を与えることのできる方法となっている. 
(英) Inferences in Markov random fields are ones of the most important problems in information science.
Susceptibility propagations are the message passing type algorithm formulated in terms of belief propagations and linear response formulas.
They successfully give approximate schemes to compute covariances in Markov random fields
and have been applied to a wide range of applications, for example learning and inference in Boltzmann machines.
In the presented paper, we propose a new scheme to make improvements to the susceptibility propagations
and show the validity of our proposed method by using some numerical experiments.
Our proposed scheme gives better results with the same order of computational cost as the conventional one.
キーワード (和) マルコフ確率場 / ボルツマンマシン / ビリーフプロパゲーション / 線形応答 / 感受率伝搬法 / / /  
(英) Markov random field / Boltzmann machine / belief propagation / linear response formula / susceptibility propagation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 265, IBISML2010-67, pp. 59-63, 2010年11月.
資料番号 IBISML2010-67 
発行日 2010-10-28 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2010-11-04 - 2010-11-06 
開催地(和) 東大生産研 
開催地(英) IIS, Univ. of Tokyo 
テーマ(和) IBIS 2010 (情報論的学習理論ワークショップ) 
テーマ(英) IBIS 2010 (Workshop on Information-based Induction Sciences) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2010-11-IBISML 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 改良された感受率伝搬法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Advanced Susceptibility Propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルコフ確率場 / Markov random field  
キーワード(2)(和/英) ボルツマンマシン / Boltzmann machine  
キーワード(3)(和/英) ビリーフプロパゲーション / belief propagation  
キーワード(4)(和/英) 線形応答 / linear response formula  
キーワード(5)(和/英) 感受率伝搬法 / susceptibility propagation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 宗樹 / Muneki Yasuda / ヤスダ ムネキ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 和之 / Kazuyuki Tanaka / タナカ カズユキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-04 15:00:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2010-67 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.265 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IBISML-2010-10-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会