電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-03 11:00
骨粗鬆症診断のための歯科パノラマX線画像における皮質骨厚みの連続測定
M. S. Kavitha李 亮広島大)・Febriliyan SamopaSepuluh Nopember Inst. of Tech.)・○浅野 晃広島大)・田口 明松本歯科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,骨粗鬆症患者のスクリーニングのために,歯科パノラマX 線画像上において皮質骨厚みを一定範囲で連続的に測定する手法を提案する.この方法は,一定範囲で連続的に測定して統計量を求めることができるため,1点での厚みを測定する従来の方法よりも,ノイズやエラーに強い測定が可能である.本研究では,腰椎および大腿骨頸部の骨密度データが付随する100 例の歯科パノラマX 線画像を用い,オトガイ孔下部周辺の皮質骨厚測定を行った.この際,モルフォロジカルな方法による画像強調・2値化と,動的計画法を用いた追跡による皮質骨境界の推定を行った.さらに,一定範囲の皮質骨厚みの測定値群に対して,ヒストグラムをクラスタリングする手法で,皮質骨厚みのロバストな推定値を求めた.実験により,本手法が従来法よりも高い診断能力をもつことを示した. 
(英) This study aims to perform continuous measurements of the width of the cortical bone on dental panoramic radiographs for the identification of osteoporotic patients. This continuous measurement provides more accurate cortical width than the conventional one-point method. The mandibular cortical width below the mental foramen is measured by determining cortical boundaries and evaluating the distance between boundaries continuously. The estimate of the width is then obtained by extracting the most significant portion of the histogram of the measurements using the clustering algorithm. It is experimentally shown that the improved sensitivity and specificity provided more stable and significant diagnostic efficacy than the conventional one-point method.
キーワード (和) 歯科パノラマX 線画像 / 骨粗鬆症 / マセマティカル・モルフォロジ / 動的計画法 / クラスタリング / / /  
(英) dental panoramic radiograph / osteoporosis / mathematical morphology / dynamic programming / clustering / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 195, MI2010-53, pp. 21-26, 2010年9月.
資料番号 MI2010-53 
発行日 2010-08-27 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2010-09-03 - 2010-09-03 
開催地(和) 理化学研究所 和光キャンパス 大河内記念ホール 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) general medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2010-09-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 骨粗鬆症診断のための歯科パノラマX線画像における皮質骨厚みの連続測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Continuous Measurement of the Mandibular Cortical Bone in Dental Panoramic Radiographs for the Diagnosis of Osteoporosis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歯科パノラマX 線画像 / dental panoramic radiograph  
キーワード(2)(和/英) 骨粗鬆症 / osteoporosis  
キーワード(3)(和/英) マセマティカル・モルフォロジ / mathematical morphology  
キーワード(4)(和/英) 動的計画法 / dynamic programming  
キーワード(5)(和/英) クラスタリング / clustering  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) M. S. Kavitha / M. S. Kavitha / M. S. Kavitha
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 亮 / Liang Li / リ リョウ
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Febriliyan Samopa / Febriliyan Samopa / Febriliyan Samopa
第3著者 所属(和/英) Institut Teknologi Sepuluh Nopember (略称: Sepuluh Nopember Inst. of Tech.)
Institut Teknologi Sepuluh Nopember (略称: Sepuluh Nopember Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 晃 / Akira Asano / アサノ アキラ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 明 / Akira Taguchi / タグチ アキラ
第5著者 所属(和/英) 松本歯科大学 (略称: 松本歯科大)
Matsumoto Dental University (略称: Matsumoto Dental Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-03 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2010-53 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.195 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2010-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会