電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-02 10:45
輝度勾配に注目した歯科パノラマX線写真における石灰化領域自動検出手法の一手法
泉 佳範新庄勝之棟安実治関西大)・浅野 晃広島大)・田口 明松本歯科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高齢者において,歯科パノラマX線写真上で検出される頸動脈の石灰化は動脈硬化の進行と関係があることが報告されている.そのため,歯科パノラマX線写真から頸動脈石灰化領域を検出し,医科への受診を促すシステムの研究が行われている.本稿では,輝度勾配に基づく新たな石灰化領域抽出手法を提案する.ここでは,石灰化領域が周囲の輝度値と比較して,相対的に高いという性質を利用して石灰化領域の位置を検出している.提案手法では,従来法と比較して,設定が必要なパラメータの数を減らしながら,歯科パノラマX線写真上から自動的に石灰化検出を行うことを可能としている.また,処理例から従来の手法と比較して有効な結果が得られることを確認した. 
(英) The existence of the carotid artery calcification as an index for arteriosclerosis attracts a great deal of attention. Thus the system for detecting the carotid artery calcification from dental panoramic graphs has been developed to prompt the patients to check. This paper proposes a new automatic detection method for carotid artery calcification in dental panoramic radiographs based on intensity gradients. This paper focuses on the fact that the intensities of the carotid artery calcification in the radiograph are higher than that in neighborhood. The proposed method can reduce the number of parameters which should be adjusted in advance and the automatic detection method from the entire image can be implemented. Experimental results show that good detection performance is obtained.
キーワード (和) 石灰化領域 / 歯科パノラマX線写真 / 頸動脈 / 輝度勾配 / 自動検出 / 顎骨 / 脊椎 /  
(英) calcification region / dental panoramic radiographs / carotid artery / intensity gradients / automatic detection / mandible / spine /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 189, SIS2010-21, pp. 13-18, 2010年9月.
資料番号 SIS2010-21 
発行日 2010-08-26 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2010-09-02 - 2010-09-03 
開催地(和) 長崎県勤労福祉会館第3中会議室 
開催地(英) Nagasakiken-Kinrou-Fukushi-Kaikan 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2010-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 輝度勾配に注目した歯科パノラマX線写真における石灰化領域自動検出手法の一手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) New Automatic Detection Method for Carotid Artery Calcification in Dental Panoramic Radiographs Considering Intensity Gradients 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 石灰化領域 / calcification region  
キーワード(2)(和/英) 歯科パノラマX線写真 / dental panoramic radiographs  
キーワード(3)(和/英) 頸動脈 / carotid artery  
キーワード(4)(和/英) 輝度勾配 / intensity gradients  
キーワード(5)(和/英) 自動検出 / automatic detection  
キーワード(6)(和/英) 顎骨 / mandible  
キーワード(7)(和/英) 脊椎 / spine  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 佳範 / Yoshinori Izumi / イズミ ヨシノリ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 新庄 勝之 / Katsuyuki Shinjo / シンジョウ カツユキ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅野 晃 / Akira Asano / アサノ アキラ
第4著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 明 / Akira Taguchi /
第5著者 所属(和/英) 松本歯科大学 (略称: 松本歯科大)
Matsumoto Dental University (略称: Matsumoto Dental Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-02 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2010-21 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2010-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会