電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-06-15 17:00
符号化ダイバージェンスによる2つの集合の異なり具合の定量化
杉山麿人京大/学振)・山本章博京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 実数値データの離散化とそれらのデータを説明するモデルの学習という,知識発見における2つの主要なプロセスを統合した現代的な基礎理論の構築を目指す.実験や観測によって獲得された実数値データをネットワーク上で配布するためには,必ず離散化してデジタル形式に変換しなければならない.しかし,多くの知識発見手法は離散化に注目せず,アナログデータとデジタルデータの間のギャップを無視している.このギャップを埋めるため,計算論的学習理論を用いて離散化と知識発見を統合し,2つの集合間の異なり具合の新しい評価尺度として符号化ダイバージェンスを提案する.符号化ダイバージェンスを用いた分類器を構築し,実験でその頑健性を示す. 
(英) In this paper, we integrate two essential processes, discretization of real-valued data and learning of models explaining them, to give a modern theoretical basis for Knowledge Discovery. Every real-valued datum, which is obtained by observations or experiments, is discretized for distribution through computer networks. However, most of data mining methods do not pay attention to the process; i.e., they ignore the gap between analog and digital data. To bridge the gap, we propose a novel measure of the difference between two sets, called the coding divergence, towards integrating discretization and data mining through computational learning theory. Furthermore, we construct a classifier using the divergence, and show the robustness by empirical experiments.
キーワード (和) 知識発見 / 離散化 / 符号化ダイバージェンス / 計算論的学習理論 / カントール空間 / クラス分類 / /  
(英) Knowledge Discovery / Discretization / Coding divergence / Computational learning theory / Cantor space / Classification / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 76, IBISML2010-26, pp. 181-187, 2010年6月.
資料番号 IBISML2010-26 
発行日 2010-06-07 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2010-06-14 - 2010-06-15 
開催地(和) 東大武田ホール 
開催地(英) Takeda Hall, Univ. Tokyo 
テーマ(和) 機械学習とその応用 
テーマ(英) Machine learning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2010-06-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 符号化ダイバージェンスによる2つの集合の異なり具合の定量化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Coding Divergence for Measuring the Complexity of Separating Two Sets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 知識発見 / Knowledge Discovery  
キーワード(2)(和/英) 離散化 / Discretization  
キーワード(3)(和/英) 符号化ダイバージェンス / Coding divergence  
キーワード(4)(和/英) 計算論的学習理論 / Computational learning theory  
キーワード(5)(和/英) カントール空間 / Cantor space  
キーワード(6)(和/英) クラス分類 / Classification  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 麿人 / Mahito Sugiyama / スギヤマ マヒト
第1著者 所属(和/英) 京都大学/日本学術振興会 (略称: 京大/学振)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 章博 / Akihiro Yamamoto / ヤマモト アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-06-15 17:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2010-26 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.76 
ページ範囲 pp.181-187 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IBISML-2010-06-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会