電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-18 14:50
デジタル台風:リアル空間での体験を共有する参加型情報基盤
北本朝展NII/総研大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では「デジタル台風」プロジェクトにおける参加型情報基盤の試みとして、2009年に公開した2つのシステム「台風メモリーズ」および「ツイフーン」を紹介する。まずこれらのサービスをデジタル台風プロジェクトの全体像の中で果たすべき役割を位置づける。次に両システムの特徴をデータ可視化や通報型アーキテクチャの観点から述べるとともに、その運用成果と実写型ハザードマップ等を紹介する。最後に両システムがリアル空間での体験を引き出してデジタル空間で共有するという観点では共通の役割を果たしていることを論じる。 
(英) This paper introduces “Typhoon Memories” and “Twiphoon,” released in 2009 as new services from a participatory information infrastructure in Digital Typhoon project. Firstly we describe the positioning of the two systems in the whole picture of Digital Typhoon project. We then discuss the characteristics and the design of those systems from the viewpoint of data visualization or notification-based architecture, and present the result of systems such as photographic hazard maps. Finally we claim that those two systems play the common role of extracting experiences from the real space and transferring them into the digital space to be shared by people.
キーワード (和) 台風 / 参加型情報基盤 / データ可視化 / Twitter / 実写型ハザードマップ / / /  
(英) Typhoon / Participatory Information Infrastructure / Data Visualization / Twitter / Photographic Hazard Map / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 351, IA2009-76, pp. 63-68, 2009年12月.
資料番号 IA2009-76 
発行日 2009-12-11 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2009-12-18 - 2009-12-18 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) インターネットと環境・エコロジー、一般 
テーマ(英) Internet and Ecology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2009-12-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタル台風:リアル空間での体験を共有する参加型情報基盤 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Digital Typhoon: A Participatory Information Infrastructure for Sharing Experiences of the Real Space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 台風 / Typhoon  
キーワード(2)(和/英) 参加型情報基盤 / Participatory Information Infrastructure  
キーワード(3)(和/英) データ可視化 / Data Visualization  
キーワード(4)(和/英) Twitter / Twitter  
キーワード(5)(和/英) 実写型ハザードマップ / Photographic Hazard Map  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北本 朝展 / Asanobu Kitamoto / キタモト アサノブ
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所/総合研究大学院大学 (略称: NII/総研大)
National Institute of Informatics/SOKENDAI (略称: NII/SOKENDAI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-18 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2009-76 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.351 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2009-12-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会