電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-08-04 18:00
FPGA基板を用いたモンテカルロ碁の高速化
小泉賢一東大)・石井康雄NEC)・美添一樹JST)・三好健文東工大)・菅原 豊IBM)・稲葉真理平木 敬東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) モンテカルロ碁において,プレイアウトの実行には時間がかかる.これまでFPGA 上にプレイアウト回路
を実装することによって高速化するという試みはなされてきたが,FPGA 内の資源の使用率が非常に高く,高速な
プレイアウトを実現することは難しかった.本論文では囲碁のルールに特化したプレイアウト処理の並列化アルゴリ
ズムTLPG (Triple Line-based Playout for Go)を提案し,9 路盤用および19 路盤用のプレイアウト回路をFPGA
内に実装した.プレイアウトの高速化を行い,シミュレータ上で9 路盤において毎秒13104 プレイアウト,19 路盤に
おいて毎秒2055 プレイアウトの実行速度であった.また実際に計算機上で実行させたGNU Go と対戦させ,FPGA
上のTLPG によるプレイアウトを評価した. 
(英) In the monte-carlo simulation of Go, it takes time to run playouts. There were attempts of accelerating
by implementing circuits for playout on FPGA, but it is difficult to realize high-speed playouts because of
high utilization of resources in a FPGA. In this paper, we propose an algorithm, Triple Line-based Playout for Go
(TLPG) to accelerate playouts for the monte-carlo tree search for computer-go game. We implemented the playout
logics on FPGA for 9 x 9 and 19 x 19 boards. With the optimizations, We achieved 13104playouts/sec in 9 x 9
and 2055playouts/sec in 19 x 19 board in simulation. By making games with GNU Go on a host Computer, We
evaluation the playouts of TLPG.
キーワード (和) 囲碁 / モンテカルロ木探索 / FPGA / / / / /  
(英) Go / Monte-carlo tree search / FPGA / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 168, CPSY2009-19, pp. 55-60, 2009年8月.
資料番号 CPSY2009-19 
発行日 2009-07-28 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPSY DC  
開催期間 2009-08-04 - 2009-08-05 
開催地(和) フォレスト仙台 
開催地(英)  
テーマ(和) 2009年並列/分散/協調処理に関する『仙台』サマー・ワークショップ(SWoPP仙台2009) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2009-08-CPSY-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGA基板を用いたモンテカルロ碁の高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acceleration of Monte-Carlo Go by FPGA-based Hardware 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 囲碁 / Go  
キーワード(2)(和/英) モンテカルロ木探索 / Monte-carlo tree search  
キーワード(3)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 賢一 / Kenichi Koizumi / コイズミ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 康雄 / Yasuo Ishii / イシイ ヤスオ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 美添 一樹 / Kazuki Yoshizoe / ヨシゾエ カズキ
第3著者 所属(和/英) 科学技術振興機構 (略称: JST)
Japan Science and Technology Agency (略称: JST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 健文 / Takefumi Miyoshi / ミヨシ タケフミ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Thechnology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 豊 / Yutaka Sugawara / スガワラ ユタカ
第5著者 所属(和/英) IBMトーマスJワトソン研究所 (略称: IBM)
IBM Thomas J. Watson Research Center (略称: IBM)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 真理 / Mary Inaba / イナバ マリ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 平木 敬 / Kei Hiraki / ヒラキ ケイ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-08-04 18:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2009-19 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.168 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2009-07-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会