電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン (ESS/通ソ/ISS)
技報アーカイブ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-06-18 10:20
確率的依存関係に基づくボットネット検知の検討
村上慎太郎・○濱崎浩輝川喜田雅則竹内純一九大/九州先端科学技研)・吉岡克成横浜国大)・井上大介衛藤将史中尾康二NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インターネットの普及に伴い、ウイルス、ワームのようなマルウェアによる被害も拡大している。なかでも、近年、ボットと呼ばれるコンピュータウイルスによる被害が大きな問題となっている。ボットはボットネットと呼ばれるボット感染端末によるネットワークを構成し、命令者から命令を受けて一斉に悪意のある行為を行う。ボットの亜種作成は容易であり、数多くの亜種が存在するためシグネチャマッチングによる検出には限界がある。本研究では、ボットネットの協調動作に着目し、ボットネットを構成するホストのトラフィックデータ間に依存関係が存在する可能性を考慮する。依存関係の変化を異常ととらえ、異常検知によりボットネットを検知する手法を検討する。 
(英) Damage by malware is becoming more serious. Especally, bots, which are a kind of malware, are a great problem these days. Bots comprise a network called botnets and attack all together under control of attackers. There are a lot of subspecies of bots, because making them is easy. Therefore, detection of bots by the signature match is difficult. In this paper, we focus on synchronized activities of bots and assume that the traffic data of hosts composing a botnet depends on each other. We regard a change of dependencies of hosts as an anomaly, and ivestigate how to detect botnets by anomaly detection.
キーワード (和) 異常検知 / ボットネット / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 85, IA2009-1, pp. 1-6, 2009年6月.
資料番号 IA2009-1 
発行日 2009-06-11 (IA, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA ICSS  
開催期間 2009-06-18 - 2009-06-19 
開催地(和) 機械振興会館 65号室(6階) 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) インターネットセキュリティ、一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2009-06-IA-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 確率的依存関係に基づくボットネット検知の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on detection of botnet based on probabilistic dependencies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 異常検知 /  
キーワード(2)(和/英) ボットネット /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 慎太郎 / Shintaro Murakami / ムラカミ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 九州大学/九州先端科学技術研究所 (略称: 九大/九州先端科学技研)
Kyushu University/Institute of Systems,Information Technologies and Nanotechnologies (略称: Kyushu Univ/ISIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱崎 浩輝 / Hiroki Hamasaki / ハマサキ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 九州大学/九州先端科学技術研究所 (略称: 九大/九州先端科学技研)
Kyushu University/Institute of Systems,Information Technologies and Nanotechnologies (略称: Kyushu Univ/ISIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川喜田 雅則 / Masanori Kawakita / カワキタ マサノリ
第3著者 所属(和/英) 九州大学/九州先端科学技術研究所 (略称: 九大/九州先端科学技研)
Kyushu University/Institute of Systems,Information Technologies and Nanotechnologies (略称: Kyushu Univ/ISIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 純一 / Jun'ichi Takeuchi / タケウチ ジュンイチ
第4著者 所属(和/英) 九州大学/九州先端科学技術研究所 (略称: 九大/九州先端科学技研)
Kyushu University/Institute of Systems,Information Technologies and Nanotechnologies (略称: Kyushu Univ/ISIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 克成 / Katsunari Yoshioka / ヨシオカ カツナリ
第5著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 大介 / Daisuke Inoue / イノウエ ダイスケ
第6著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 衛藤 将史 / Masashi Eto / エトウ マサシ
第7著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 康二 / Koji Nakao / ナカオ コウジ
第8著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-06-18 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2009-1,IEICE-ICSS2009-9 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.85(IA), no.86(ICSS) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2009-06-11,IEICE-ICSS-2009-06-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会