電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-04-17 14:40
動的簡潔順序木
定兼邦彦九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 動的な順序木に対する簡潔データ構造を提案する.
簡潔データ構造とは,サイズが表現するデータの情報理論的下限に漸近的に
一致するデータ構造であり,$n$ 節点の順序木に対する下限は $2n-\Theta(\log n)$
ビットである.本論文のデータ構造は順序木に対する様々な問合せと,木構造の
変更 (節点の追加・削除) を効率よく実現する.2つのデータ構造があり,
1つはサイズが $2n+O(n/\log n)$ ビットで全ての演算を $O(\log n)$
時間で行える.もう1つはサイズが $2n+O(n \log \log n/\log n)$ ビットで
多くの演算を $O(\log n/\log \log n)$ 時間,木構造の変更を
$O(\log n)$ 均し時間で実現する. 
(英) This paper proposes succinct data structures for dynamic ordinal trees.
Succinct data structures are the ones whose size are asymptotically the
same as the information-theoretic lower bounds of data, and the lower
bound for $n$-node trees is $2n-\Theta(\log n)$ bits.
Data structures of this paper efficiently support various queries
and update operations (insertion/deletion of nodes) to ordinal trees.
There are two types of data structures; the one is of size
$2n+O(n/\log n)$ bits and supports all operations in $\Order(\log n)$
time, and the other is of size $2n+O(n \log \log n/\log n)$ bits
and supports most of the queries in $O(\log n/\log \log n)$ time,
and update operations in amortized $O(\log n)$ time.
キーワード (和) 簡潔データ構造 / 順序木 / 括弧列 / 動的データ構造 / / / /  
(英) succinct data structures / ordinal trees / balanced parentheses sequences / dynamic data structures / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 9, COMP2009-6, pp. 37-41, 2009年4月.
資料番号 COMP2009-6 
発行日 2009-04-10 (COMP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 COMP  
開催期間 2009-04-17 - 2009-04-17 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 COMP 
会議コード 2009-04-COMP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 動的簡潔順序木 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Succinct Ordinal Trees 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 簡潔データ構造 / succinct data structures  
キーワード(2)(和/英) 順序木 / ordinal trees  
キーワード(3)(和/英) 括弧列 / balanced parentheses sequences  
キーワード(4)(和/英) 動的データ構造 / dynamic data structures  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 定兼 邦彦 / Kunihiko Sadakane / サダカネ クニヒコ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-04-17 14:40:00 
発表時間 35 
申込先研究会 COMP 
資料番号 IEICE-COMP2009-6 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.37-41 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-COMP-2009-04-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会