電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-27 11:40
能動的情報資源による言語グリッドサービス活用について
三浦良介魏 文鵬高橋晶子木下哲男東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は,インターネットやイントラネット上に集積されている分散情報資源を系統的に活用する手法として, 「能動的情報資源(AIR : Active Information Resource)」と呼ぶ機構を提案している.本稿では,Web サービスを利用する際の利用者の負担を軽減することを目指し,AIR に基づくWeb サービスの利用支援手法を提案する.さらに,同手法を言語グリッド上に存在するWeb サービスに適用することにより,その効果を考察する. 
(英) We proposed a mechanism, called Active Information Resource (AIR), for using distributed information resources stored on the Internet or an Intranet in a systematic way. In this paper, we propose an AIR based method for supporting the use of Web services in order to reduce the users’ burden of using Web services. Moreover, we explain the application of this method to the Web services provided by the Language Grid and consider its effects.
キーワード (和) エージェント / Webサービス / 言語グリッド / 能動的情報資源(AIR) / / / /  
(英) Agent / Web service / Language Grid / AIR / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 441, AI2008-49, pp. 25-30, 2009年2月.
資料番号 AI2008-49 
発行日 2009-02-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2009-02-27 - 2009-02-27 
開催地(和) 関学東京丸の内キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 言語グリッド 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2009-02-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 能動的情報資源による言語グリッドサービス活用について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Using Language Grid services based on Active Information Resource 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エージェント / Agent  
キーワード(2)(和/英) Webサービス / Web service  
キーワード(3)(和/英) 言語グリッド / Language Grid  
キーワード(4)(和/英) 能動的情報資源(AIR) / AIR  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 良介 / Ryosuke Miura / ミウラ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 東北大学大学院情報科学研究科 (略称: 東北大)
Graduate School of Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 魏 文鵬 / Wenpeng Wei / ウェイ ウェンペン
第2著者 所属(和/英) 東北大学大学院情報科学研究科 (略称: 東北大)
Graduate School of Information Sciences, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 晶子 / Akiko Takahashi / タカハシ アキコ
第3著者 所属(和/英) 東北大学サイバーサイエンスセンター (略称: 東北大)
Graduate School of Information Sciences, Tohoku University (略称: Cyberscience Center Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 哲男 / Tetsuo Kinoshita / キノシタ テツオ
第4著者 所属(和/英) 東北大学サイバーサイエンスセンター (略称: 東北大)
Cyberscience Center Tohoku University (略称: Cyberscience Center Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-27 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2008-49 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2009-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会