電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-27 15:45
言語グリッドを用いた多言語文書作成支援システムTageDocの構築
吉野 孝和歌山大/NICT)・福島 拓宮部真衣和歌山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 在日外国人数は年々増加しており,多言語によるコミュニケーションの機会は増加している.それに伴い,医療,教育,行政など様々な場所において,多言語文書作成の必要性が高まっている.そこで,言語グリッド上の用例対訳サービスや機械翻訳サービスを利用し,多言語文書作成支援システムTageDocを構築した.本報告では,TageDocの実現方法およびその実現過程で明らかとなった今後の課題について述べる. 
(英) The number of foreign residents in Japan increases every year. Then, the opportunities of multilingual communication are increasing rapidly. The necessity of multilingual documents making has risen in various domain, for example, healthcare field, education fields, and public administration. We have developed a multilingual document composition support system using Language Grid. This system uses parallel corpora and machine translations on Language Grid.
This report presents the implementation of the system and the problem of the system.
キーワード (和) 言語グリッド / 多言語文書 / 用例対訳 / 機械翻訳 / / / /  
(英) Language Grid / multilingual document / parallel corpora / machine translation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 441, AI2008-56, pp. 67-72, 2009年2月.
資料番号 AI2008-56 
発行日 2009-02-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2009-02-27 - 2009-02-27 
開催地(和) 関学東京丸の内キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 言語グリッド 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2009-02-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 言語グリッドを用いた多言語文書作成支援システムTageDocの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Multilingual Document Composition Support System TageDoc using Language Grid 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語グリッド / Language Grid  
キーワード(2)(和/英) 多言語文書 / multilingual document  
キーワード(3)(和/英) 用例対訳 / parallel corpora  
キーワード(4)(和/英) 機械翻訳 / machine translation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 孝 / Takashi Yoshino / ヨシノ タカシ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学/NICT (略称: 和歌山大/NICT)
Wakayama University/NICT (略称: Wakayama Univ./NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 拓 / Taku Fukushima / フクシマ タク
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮部 真衣 / Mai Miyabe / ミヤベ マイ
第3著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-27 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2008-56 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2009-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会