電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-27 16:10
言語グリッドを利用したプレゼンテーションスライドの日英翻訳の試み
石黒雄佑ポール ヴィジャヴィセンシオ花植康一渡邉豊英名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 日本語を母国語とする人が英語でスライドを作成するのは,多大な労力を要する作業である.本稿では,過去に作成された日本語のスライドを機械翻訳によって英語に翻訳し,スライドを作成することを前提に,英語版スライドの作成法について述べる.その際,スライドに記述された言語表現の特徴に基づいて変換処理を行い,スライドに適した翻訳を試みる.具体的には,スライド中の文構造に基づき,主語の補完,連体節の言い換えなどの変換規則を適用する. 
(英) In oral presentation, we often use presentation slides. However it is difficult for Japanese to prepare presentation slides in English. In this paper, we propose a method for translating slide sentences in Japanese into ones in English by means of machine translation. We focus on two features of sentences in slides: expression without subjects and adjective phrases. Based on these features, paraphrasing technique is applied to Japanese sentences.
キーワード (和) プレゼンテーションスライド / 言い換え / 文構造 / 機械翻訳 / / / /  
(英) presentation slide / paraphrase / sentence structure / machine translation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 441, AI2008-57, pp. 73-78, 2009年2月.
資料番号 AI2008-57 
発行日 2009-02-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2009-02-27 - 2009-02-27 
開催地(和) 関学東京丸の内キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 言語グリッド 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2009-02-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 言語グリッドを利用したプレゼンテーションスライドの日英翻訳の試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Japanese-English Translation of Presentation Slides Using Language Grid Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プレゼンテーションスライド / presentation slide  
キーワード(2)(和/英) 言い換え / paraphrase  
キーワード(3)(和/英) 文構造 / sentence structure  
キーワード(4)(和/英) 機械翻訳 / machine translation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石黒 雄佑 / Yusuke Ishiguro / イシグロ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ポール ヴィジャヴィセンシオ / Paul Villavicencio / ポール ヴィジャヴィセンシオ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 花植 康一 / Koichi Hanaue / ハナウエ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 豊英 / Toyohide Watanabe / ワタナベ トヨヒデ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-27 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2008-57 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2009-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会