電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-27 18:30
言語グリッドにおけるシステム統合のためのディレクトリ機構の実現
古田卓也柳澤大祐鵜飼真充八槇博史名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 言語グリッドにおいて多言語の資源とアプリケーションを結合する際にそれらの精密な整合が問題となり,そのためにメタデータを用いる手法が提案されている.本研究では,アプリケーションの性質を強く反映した検索機能を提供するディレクトリ機構であるLanguage Grid Facilitator (LGF) を提案し,メタデータを直接扱わずにこのような精密な整合を行えるようにすることを目指す.本稿ではLGF の特徴であるプロファイル構造と局所知識の使用について述べる.プロトタイプによる実験では,これらの機構によって有用な実行性能が得られる見通しを得た 
(英) Precise matching of multiple-language resources and applications is one of the issues in the development for Language Grid, and we have proposed an approach to use metadata. In this paper, we propose Language Grid Facilitator (LGF), that provides search functions which reflect the properties of applications, which enables developers to benefit from the metadata approach. In this paper, we describe the features of LGF,especially its "profile" system and \local knowledge" mechanism. Experimental results using a prototype shows that the mechanism will achieve satisfactory performance.
キーワード (和) 言語グリッド / メタデータ / ディレクトリ機構 / システム統合 / / / /  
(英) Language Grid / metadata / directory mechanism / system integration / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 441, AI2008-62, pp. 103-108, 2009年2月.
資料番号 AI2008-62 
発行日 2009-02-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2009-02-27 - 2009-02-27 
開催地(和) 関学東京丸の内キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 言語グリッド 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2009-02-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 言語グリッドにおけるシステム統合のためのディレクトリ機構の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Directory Mechanism for System Integration in Language Grid 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語グリッド / Language Grid  
キーワード(2)(和/英) メタデータ / metadata  
キーワード(3)(和/英) ディレクトリ機構 / directory mechanism  
キーワード(4)(和/英) システム統合 / system integration  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古田 卓也 / Takuya Furuta / フルタ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳澤 大祐 / Daisuke Yanagisawa / ヤナギサワ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜飼 真充 / Masamitsu Ukai / ウカイ マサミツ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 八槇 博史 / Hirofumi Yamaki / ヤマキ ヒロフミ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-27 18:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2008-62 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2009-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会