電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-27 16:35
多言語コミュニケーションのためのチャットツールの開発
三原宏一朗境 智史ChoHeeryon石田 亨京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) これまで,翻訳機能のみならず,多言語環境ならではの様々なコミュニケーション支援機能が付加されたチャットツールが数々提案されてきた.しかし,既存の多言語チャットツールは文章編集機能に乏しく,実用には不十分であった.そこで我々は,異文化コラボレーションの現場で実際に求められている機能,インタフェースについて調査した.そして,その結果を踏まえ,複数の文章入力欄を持つ新たな多言語チャットツールを設計,開発したので,ここに報告する. 
(英) Several multilingual chat systems with machine translation features have been proposed to support multilingual communication, but they do not provide sufficient communication support for practical usage in the real-world environment because of a poor text-editing function. We investigated the features and interfaces required in various intercultural collaboration activities, and based on the results, developed a novel multilingual chat system which has multiple input fields.
キーワード (和) 言語グリッド / 異文化コラボレーション / 多言語コミュニケーション / 多言語チャット / / / /  
(英) Language Grid / Intercultural Collaboration / Multilingual Communication / Multilingual Chat / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 441, AI2008-58, pp. 79-84, 2009年2月.
資料番号 AI2008-58 
発行日 2009-02-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2009-02-27 - 2009-02-27 
開催地(和) 関学東京丸の内キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 言語グリッド 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2009-02-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多言語コミュニケーションのためのチャットツールの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a Chat Tool for Multilingual Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 言語グリッド / Language Grid  
キーワード(2)(和/英) 異文化コラボレーション / Intercultural Collaboration  
キーワード(3)(和/英) 多言語コミュニケーション / Multilingual Communication  
キーワード(4)(和/英) 多言語チャット / Multilingual Chat  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三原 宏一朗 / Koichiro Mihara / ミハラ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 境 智史 / Satoshi Sakai / サカイ サトシ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Cho Heeryon / Heeryon Cho / チョ ヒーリョン
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 亨 / Toru Ishida / イシダ トオル
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-27 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2008-58 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2009-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会