電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-02-27 17:00
三次元仮想空間における多言語チャットコミュニケーションのための対訳辞書作成システムの構築
池信克也和歌山大)・吉野 孝和歌山大/NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 三次元仮想空間の一つであるSecond Life のアカウント数は1600 万人を超え,なおも増加している.英語圏のユーザが約51 %を占めており,外国人とのチャットでは主に英語が用いられている.しかし英語を上手く話すことが出来ないユーザが多数存在しており,言語がコミュニケーションの障壁になっている可能性が高い.
今回,三次元仮想空間上での機械翻訳性能向上のために対訳辞書作成システムを構築し,Web上とSecond Life上での辞書データ登録実験を行った.その結果,Second Life上では作業手順が多いが,その場で登録が行える利点があること,Web上では作業を容易に行うことができるが,新たなウインドウを開くことが登録作業に悪影響を
与えることが分かった. 
(英) The number of accounts of Second Life that is one of 3D virtual spaces increases still exceeding 16 million people.
The users in English-speaking countries account for about 51%.
Then, the language used to chat with a foreigner is chiefly English.
However, a lot of users who cannot speak English well.
Language differences pose significant barriers to mutual communications.
We have developed two bilingual dictionary making systems to improve the performance of machine translation.
We performed dictionary registration experiments on Web and Second Life.
From the result of the experiments, we found that the work procedure on Second Life is more on Web.
The advantage of Second Life is to be able to register on site.
The disadvantage of Web is to influence registration by the opening of a new window.
キーワード (和) 仮想空間 / 機械翻訳 / 言語グリッド / Second Life / チャット / / /  
(英) virtual space / machine translation / Language Grid / Second Life / chat / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 441, AI2008-59, pp. 85-90, 2009年2月.
資料番号 AI2008-59 
発行日 2009-02-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2009-02-27 - 2009-02-27 
開催地(和) 関学東京丸の内キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 言語グリッド 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2009-02-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 三次元仮想空間における多言語チャットコミュニケーションのための対訳辞書作成システムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Bilingual Dictionary Making System for Multilingual Chat Communication on 3D Online Virtual Space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 仮想空間 / virtual space  
キーワード(2)(和/英) 機械翻訳 / machine translation  
キーワード(3)(和/英) 言語グリッド / Language Grid  
キーワード(4)(和/英) Second Life / Second Life  
キーワード(5)(和/英) チャット / chat  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池信 克也 / Katsuya Ikenobu / イケノブ カツヤ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 孝 / Takashi Yoshino / ヨシノ タカシ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学/NICT (略称: 和歌山大/NICT)
Wakayama University/NICT (略称: Wakayama Univ./NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-02-27 17:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2008-59 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2009-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会