電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-20 15:50
単眼動画像を用いた近接する複数対象の三次元追跡
大澤達哉数藤恭子新井啓之小池秀樹NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,Markov Chain Monte Carlo(MCMC)法に基づき,近接する複数対象を三次元空間で追跡する手法を提案する.単眼カメラで複数対象を追跡する上で最も大きな問題は二次元画像上で生じる相互オクルージョンが対象の衝突問題を引き起こすことである.すなわち,重なった対象同士のIDが入れ替わったり,複数の対象が融合してしまったりといった問題が引き起こされる.我々は三次元空間上では複数の対象が同じ位置を占めることができないことに着目し,三次元空間上での相互距離を用いながら,複数の対象を追跡する方法を提案する.実験により,我々のシステムが近接する複数対象を安定して追跡可能であることを示す. 
(英) In this paper, we present a new approach based on Markov Chain Monte Carlo(MCMC) for the stable monocular tracking of variable interacting targets in 3D space. The crucial problem with monocular tracking multiple targets is that mutual occlusions on the 2D image cause target conflict(change ID, merge targets...).
We focus on the fact that multiple targets cannot occupy the same position in 3D space and propose to track multiple interacting targets using relative position of targets in 3D space. Experiments show that our system can stably track multiple humans that are interacting with each other.
キーワード (和) 三次元追跡 / MCMC法 / 単眼カメラ / 映像監視 / / / /  
(英) 3D tracking / MCMC / monocular camera / visual surveillance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 94, PRMU2008-38, pp. 109-114, 2008年6月.
資料番号 PRMU2008-38 
発行日 2008-06-12 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2008-06-19 - 2008-06-20 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru-Shimin-Kaikan 
テーマ(和) 膨大なデータから学ぶもの 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2008-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 単眼動画像を用いた近接する複数対象の三次元追跡 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Monocular 3D Tracking of Multiple Interacting Targets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 三次元追跡 / 3D tracking  
キーワード(2)(和/英) MCMC法 / MCMC  
キーワード(3)(和/英) 単眼カメラ / monocular camera  
キーワード(4)(和/英) 映像監視 / visual surveillance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 達哉 / Tatsuya Osawa / オオサワ タツヤ
第1著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 数藤 恭子 / Kyoko Sudo / スドウ キョウコ
第2著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 啓之 / Hiroyuki Arai / アライ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 秀樹 / Hideki Koike / コイケ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-20 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-DE2008-20,IEICE-PRMU2008-38 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.93(DE), no.94(PRMU) 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2008-06-12,IEICE-PRMU-2008-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会