電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-20 09:30
文書テンプレート再現のためのPDF文書の構造化
藤尾正和丸川勝美新庄 広永崎 健関 峰伸日立
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は,文書の構造を理解し,メタ情報を自動的に付与することで,分類,整理,アクセス効率向上を目指した技術開発を進めている.本発表では,メタ情報付与技術の応用例の一つとして,PDF文書中の罫線オブジェクト,テキストオブジェクトの種別に基づき、文書中の固定領域(プレ印刷),変数領域(データ部分)を抽出し,文書のテンプレートを再現する技術について紹介する. 
(英) Simultaneous management of information in various paper and electronic documents is a serious problem because the complexity of the document structure would increases greatly. We have developed the system for integrating those information by analyzing layout patterns and text feature collocations in both document formats.
In this paper, we introduce the application for extracting fixed text area and design, and variable text area, to construct reusable document templates.
キーワード (和) PDF / 構造化 / 文書再利用 / テンプレート / メタ情報 / 表構造解析 / /  
(英) PDF / document structure understanding / document reuse / template / meta data / form structure analysis / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 94, PRMU2008-31, pp. 71-76, 2008年6月.
資料番号 PRMU2008-31 
発行日 2008-06-12 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2008-06-19 - 2008-06-20 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru-Shimin-Kaikan 
テーマ(和) 膨大なデータから学ぶもの 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2008-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 文書テンプレート再現のためのPDF文書の構造化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) PDF Logical Structure Understanding for Document Template Generation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PDF / PDF  
キーワード(2)(和/英) 構造化 / document structure understanding  
キーワード(3)(和/英) 文書再利用 / document reuse  
キーワード(4)(和/英) テンプレート / template  
キーワード(5)(和/英) メタ情報 / meta data  
キーワード(6)(和/英) 表構造解析 / form structure analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤尾 正和 / Masakazu Fujio /
第1著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi,Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸川 勝美 / Katsumi Marukawa / マルカワ カツミ
第2著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi,Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新庄 広 / Hiroshi Shinjo / 新庄 広
第3著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi,Ltd. (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 永崎 健 / Takeshi Nagasaki / ナガサキ タケシ
第4著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi,Ltd. (略称: Hitachi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 峰伸 / Minenobu Seki /
第5著者 所属(和/英) (株)日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi,Ltd. (略称: Hitachi)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-20 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-DE2008-13,IEICE-PRMU2008-31 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.93(DE), no.94(PRMU) 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2008-06-12,IEICE-PRMU-2008-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会