電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-20 14:50
ウィキペディアを対象とした編集回数に依存しない編集者の信頼度測定手法
櫻井宏樹吉田泰明平手勇宇早大)・山名早人早大/NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インターネット上に公開されているフリーの百科事典ウィキペディアは,現在,日本語版だけでも約49万項目の記事が公開されており,その情報量は膨大かつ有用なものとなっている.しかし,誰もが簡単に編集を行えるという特性上,記事内容の信頼性が不確かになっている.これは,記事を書いた人物がどのような人物かわからないため,記事の信頼性を判断しにくくなってしまっているからである.こうした問題に対し,記事の信頼性を判定する手法として,従来,編集履歴を用いる方法が提案されているが,被編集回数の少ない記事や編集者に対する評価が適切でないという問題を持つ.特に,編集回数が少ない日本語版には適さない.これに対し,本稿では編集回数に依存せずに編集者を評価するため,編集部分が最新版まで残る割合を基に編集者を評価する手法を提案する.提案手法の評価実験を行った結果,信頼度が高い編集者は評価が高く,信頼度が低い編集者は評価が低く評価できていること,編集回数に依存せずに評価できていることを確認した. 
(英) Free encyclopedia Wikipedia on the Internet contains 490,000 Japanese articles and its volume of information is huge and useful. However, the trustworthiness of the articles’ contents becomes uncertain because anyone can edit them easily. In other words, since we cannot understand exactly who edits the contents, it results in difficulty of measuring trustworthiness of the articles’ contents. To such a problem the method using the edit history is proposed for measuring the trustworthiness of the articles. However, it is inapposite compared with the article and the editor with a little frequency to be edited. Therefore, in this paper, we propose the method for measuring editors’ trustworthiness without depending on the edit frequency. The proposed method is based on the ratio where the edit remains the latest version of contents. Our evaluation shows that our proposed method evaluate the editor with high reliability highly, and the editor with low reliability lowly without depending on the edit frequency.
キーワード (和) ウィキペディア / Wikipedia / 情報の信頼性 / 編集者評価 / / / /  
(英) Wikipedia / Editor evaluation / trustworthiness / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 93, DE2008-21, pp. 115-120, 2008年6月.
資料番号 DE2008-21 
発行日 2008-06-12 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2008-06-19 - 2008-06-20 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru-Shimin-Kaikan 
テーマ(和) 膨大なデータから学ぶもの 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2008-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウィキペディアを対象とした編集回数に依存しない編集者の信頼度測定手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measuring Editor's Trustworthiness in Wikipedia by Using Edit History without Depending on the Edit Frequency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ウィキペディア / Wikipedia  
キーワード(2)(和/英) Wikipedia / Editor evaluation  
キーワード(3)(和/英) 情報の信頼性 / trustworthiness  
キーワード(4)(和/英) 編集者評価 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 宏樹 / Hiroki Sakurai / サクライ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 泰明 / Yasuaki Yoshida / ヨシダ ヤスアキ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平手 勇宇 / Yu Hirate / ヒラテ ユウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山名 早人 / Hayato Yamana / ヤマナ ハヤト
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学/NII (略称: 早大/NII)
Waseda University/NII (略称: Waseda Univ./NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-20 14:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2008-21,IEICE-PRMU2008-39 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.93(DE), no.94(PRMU) 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2008-06-12,IEICE-PRMU-2008-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会