電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-20 17:30
ユーザフィードバックを利用したACP2P法とその評価
古後陽大峯 恒憲雨宮聡史九大)・雨宮真人阪工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 個人に特化した情報検索機能とコミュニティ所属のメンバーの知識を優先的に利用する仕組みを実現するP2P型情報検索手法(ACP2P法)は,各エージェントが検索のために行った通信履歴(検索履歴)を利用することで,効率のよい検索を実現する.
本稿ではACP2P法において,ユーザの検索結果に対する評価をクエリとドキュメントとの類似度計算にフィードバックとして利用する方法やポータルエージェントのクエリ送信先の学習による検索精度及び通信量に対する効果についてシミュレーション結果をもとに議論する. 
(英) In this paper, we discuss a method for improving the Agent-Community-based Peer-to-Peer (ACP2P) Information Retrieval based on the user feedback. The ACP2P assumes an agent works as a delegate of its user and search for information that the user wants by communicating with other agents. In the ACP2P, using user feedback is effective to search for information highly-acclaimed by users in a community as the information relevant to a user query, and thus sharing the feedback among the community helps to make retrieval accuracy increase in all the community. We also present how to use relevance judgements provided by the user when calculating the similarity between a query and a document, and show how to reduce communication loads in searching for information relevant to a query.
Experimental results illustrate the validity of our approach.
キーワード (和) 情報検索 / マルチエージェント / ピアツーピア / / / / /  
(英) Information Retrieval / Multi-Agent / Peer-to-Peer / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 93, DE2008-26, pp. 145-150, 2008年6月.
資料番号 DE2008-26 
発行日 2008-06-12 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2008-06-19 - 2008-06-20 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru-Shimin-Kaikan 
テーマ(和) 膨大なデータから学ぶもの 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2008-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザフィードバックを利用したACP2P法とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Agent-Community-based Peer-to-Peer Information Retrieval Improved with User Feedback -- an Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報検索 / Information Retrieval  
キーワード(2)(和/英) マルチエージェント / Multi-Agent  
キーワード(3)(和/英) ピアツーピア / Peer-to-Peer  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古後 陽大 / Akihiro Kogo / コゴ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 峯 恒憲 / Tsunenori Mine / ミネ ツネノリ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 雨宮 聡史 / Satoshi Amamiya / アマミヤ サトシ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 雨宮 真人 / Makoto Amamiya / アマミヤ マコト
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Instute of Technology (略称: Osaka Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-20 17:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2008-26,IEICE-PRMU2008-44 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.93(DE), no.94(PRMU) 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2008-06-12,IEICE-PRMU-2008-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会