電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-20 15:20
アドホックネットワークにおけるTop-k検索のためのメッセージ処理手法について
萩原 亮篠原昌子原 隆浩西尾章治郎阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) アドホックネットワークでは,必要なデータのみを効率的に取得するため,端末が何らかの値(スコア)によって順序付けされたデータの上位$k$個以内のものを検索するTop-k検索を用いることが有効である.本稿では,トラヒックの削減と検索結果(上位$k$個のデータ)の取得精度の維持を実現するTop-k検索のためのメッセージ処理手法を提案する.提案手法では,検索結果に入らないデータの返信を抑制するため,各端末が検索クエリの転送時,およびクエリ応答の返信時に,検索結果の候補となるデータを絞り込む.また,検索クエリを発行した端末が検索結果に必要なデータを必ず取得するため,各端末がリンク切断の検出時に,他の隣接端末を経由する返信経路を検出し,クエリ応答をクエリを発行した端末まで返信する. 
(英) In ad hoc networks, to acquire only necessary data items, it is effective that each mobile node retrieves data items using Top-k query, in which data items are ordered by score of a particular attribute and the query-issuing mobile node acquires data items with the k-highest scores. In this paper, we propose a message processing method for Top-k query to reduce traffic and keep the accuracy of the query result, i.e., guarantee that data items with the k-highest score in the entire networks are acquired. In this method, when a mobile node transmits query and reply messages, it reduces candidates of data items included in the query result in order to prevent unnecessary data transmissions. Moreover, if a mobile node detects a disconnection of a radio link, it tries to find an alternative path to transmit the reply message to the query-issuing node.
キーワード (和) アドホックネットワーク / Top-k検索 / / / / / /  
(英) Ad hoc network / Top-k query / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 93, DE2008-22, pp. 121-126, 2008年6月.
資料番号 DE2008-22 
発行日 2008-06-12 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2008-06-19 - 2008-06-20 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru-Shimin-Kaikan 
テーマ(和) 膨大なデータから学ぶもの 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2008-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおけるTop-k検索のためのメッセージ処理手法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On a Message Processing Method for Top-k Query in Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) Top-k検索 / Top-k query  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 亮 / Ryo Hagihara / ハギハラ リョウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 昌子 / Masako Shinohara / シノハラ マサコ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 隆浩 / Takahiro Hara / ハラ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 章治郎 / Shojiro Nishio / ニシオ ショウジロウ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-20 15:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2008-22,IEICE-PRMU2008-40 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.93(DE), no.94(PRMU) 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2008-06-12,IEICE-PRMU-2008-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会