電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-20 14:50
オフィス環境におけるセンサ付き家電製品のセンサデータを利用した行動内容改善支援モデルの提案
河村 愛富井尚志横浜国大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年の技術発達に伴ったセンサを搭載した家電製品の増加や,取得した大量のデータの管理・通信の実現を背景として,空間に設置した計算機やセンサがユーザを支援するユビキタス環境の実現性が高まってきている.本研究では,利用者が空間共通の作業とする行動を支援対象とし,オフィス環境など複数のユーザが存在する空間における行動支援の実現可能性を示す.まず,同一目的の下にセンサ付き家電を用いて行われた行動データ集合を集約・モデル化して蓄積した上で,比較に有意な特徴量を設定する.これらの比較結果の直観的で多様な提示を行うことで,実行するユーザによって生じやすい行動データや行動による空間状態変化の差の改善を試みた.また実験によって,特徴量の設定や比較結果のユーザへの提示の有用性を示した. 
(英) Ubiquitous environments in which computers or sensors support the users became realistic because of increase of sensor equipped home appliances and feasibility of acquiring and managing huge data by sensors. In this paper, we present the feasibility of action support intended for jobs common in space which some people live. To achieve this, we first collect data set of action done under same purpose and aggregate them. Next, we set the significant feature vectors for comparing data of action. And then, we attempt to improve the jobs by showing the result of comparison in various ways. Furthermore, we present the utility of setting feature vectors and displaying result of comparison by experiments.
キーワード (和) ユビキタス環境DB / 行動支援 / センサ付き家電製品 / 特徴量 / / / /  
(英) Ubiquitous Environment Database / Action support / Sensor equipped home appliance / Feature vectors / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 93, DE2008-18, pp. 97-102, 2008年6月.
資料番号 DE2008-18 
発行日 2008-06-12 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2008-06-19 - 2008-06-20 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru-Shimin-Kaikan 
テーマ(和) 膨大なデータから学ぶもの 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2008-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) オフィス環境におけるセンサ付き家電製品のセンサデータを利用した行動内容改善支援モデルの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Model for the Action Improvement Support using Sensor Data Acquired by Sensor Equipped Home Appliances 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユビキタス環境DB / Ubiquitous Environment Database  
キーワード(2)(和/英) 行動支援 / Action support  
キーワード(3)(和/英) センサ付き家電製品 / Sensor equipped home appliance  
キーワード(4)(和/英) 特徴量 / Feature vectors  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 愛 / Ai Kawamura / カワムラ アイ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Nat. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 富井 尚志 / Takashi Tomii /
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama Nat. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-20 14:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2008-18,IEICE-PRMU2008-36 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.93(DE), no.94(PRMU) 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2008-06-12,IEICE-PRMU-2008-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会