電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-20 11:10
検索エンジンのランキングにおける日本語版ウィキペディアの影響力
曽根広哲吉田泰明平手勇宇早大)・山名早人早大/NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 検索エンジンはインターネットで情報を探す手段として欠くことができない.また,ユーザは検索エンジンの検索結果から得られる情報はテレビからの情報とほぼ同等の信頼性があると認知しているという調査報告がある.すなわち,検索エンジンのランキングを調べることによって,あるサイトが社会に与える影響力の一端を把握できると考えられる.本稿では,今やインターネット上の百科事典の代名詞ともなったウィキペディアが社会に与える影響力を調べることを目的として,日本語版ウィキペディアの検索エンジンにおけるランキング解析を行った.実験の結果,全記事のうち,上位10位以内にランキングされた記事はYahoo! JAPANとGoogleでは約9割,MSNでは約7割となった.また,Yahoo! JAPAN,MSNともに,ウィキペディアの新規記事は「はてなダイアリー - キーワード」と比べ,最初から上位10位以内に現れる傾向が強く,上位のランキングを維持する傾向があることが分かった.以上のようにウィキペディアの影響力は大きいものであるということが実験結果から確認できた. 
(英) Search engines are necessary to find information from the Internet. There is an investigation report that users recognize that information from search engines’ results is as believable as information from television. That is, we can understand a part of the influence which a certain site gives to the society by examining search engine rankings. In this paper, to examine the influence of Wikipedia, that has become the pronoun of the encyclopedia in the Internet, we have conducted the experiments. We collected ranking positions of the articles in the Japanese version of Wikipedia by using search engines’ APIs. Among all articles in the Japanese version of Wikipedia, about 90% of articles were ranked in top 10 by Yahoo! JAPAN and Google, and about 70% were ranked in top 10 by MSN. In the case of Yahoo! JAPAN and MSN, newly created articles in Wikipedia tend to appear in top 10 ranking at first, and keep their high rankings. The influence of Wikipedia toward search engine rankings was confirmed by our experiments.
キーワード (和) ウィキペディア / 影響力 / 検索エンジン / ランキング / / / /  
(英) Wikipedia / Influence / Search Engine / Ranking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 93, DE2008-16, pp. 89-94, 2008年6月.
資料番号 DE2008-16 
発行日 2008-06-12 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2008-06-19 - 2008-06-20 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru-Shimin-Kaikan 
テーマ(和) 膨大なデータから学ぶもの 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2008-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 検索エンジンのランキングにおける日本語版ウィキペディアの影響力 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Influence of Wikipedia on Search Engine Rankings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ウィキペディア / Wikipedia  
キーワード(2)(和/英) 影響力 / Influence  
キーワード(3)(和/英) 検索エンジン / Search Engine  
キーワード(4)(和/英) ランキング / Ranking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽根 広哲 / Hiroaki Sone / ソネ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 泰明 / Yasuaki Yoshida / ヨシダ ヤスアキ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平手 勇宇 / Yu Hirate / ヒラテ ユウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山名 早人 / Hayato Yamana / ヤマナ ハヤト
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学/NII (略称: 早大/NII)
Waseda University/NII (略称: Waseda Univ./NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-20 11:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2008-16,IEICE-PRMU2008-34 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.93(DE), no.94(PRMU) 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2008-06-12,IEICE-PRMU-2008-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会