電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-06-19 10:00
手の位置と動きに着目したHMMによる手話単語の認識
前畠 大西田昌史堀内靖雄黒岩眞吾千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 手話においては, 手の位置によって単語の意味合いが異なることから, 本研究では手の位置と動きに着目して, これらを統合した手話単語の認識手法について検討を行った. 手の位置は発話単位で正規化を行い, 位置座標のフレーム差分を動きとして特徴量に加えてHMM により単語ごとにモデル化を行った. また, 単語によって手の位置と動きの重要度が異なると考え, それらを分析するためにマルチストリームHMM による認識も行った. その結果, 位置座標のみでは67.1 %の認識精度に対して動きを加えることで79.9%の認識精度が得られた. さらに, マルチストリームHMM による重みを変動させたところ, 位置よりも動きの重要性が大きいことが明らかになった. 
(英) In sign language, the meaning of a word varies with hand positions. Thus, we studied on word recognition method integrated the position and movement of hands. The hand position was normalized for each utterance.
We extracted the difference between frames as the movement from the position coordinate. The word recognition was performed using hidden Markov model based on these features. Furthermore, we assumed that the importance of the position and movement of hands changes with words and also performed the word recognition by the multi-stream HMM. As a result, recognition accuracy was 67.1 % by using only hand position and was 79.9 % by using both of the position and movement of hands. Moreover, we demonstrated that the importance of the movement was larger than the position by the multi-stream HMM.
キーワード (和) 手話認識 / 手の位置 / 手の動き / HMM / マルチストリーム / / /  
(英) Sign Language / hand position / hand movement / hidden Markov model / multi-stream / / /  
文献情報 信学技報, vol. 108, no. 94, PRMU2008-20, pp. 7-12, 2008年6月.
資料番号 PRMU2008-20 
発行日 2008-06-12 (DE, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU DE  
開催期間 2008-06-19 - 2008-06-20 
開催地(和) 小樽市民会館 
開催地(英) Otaru-Shimin-Kaikan 
テーマ(和) 膨大なデータから学ぶもの 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2008-06-PRMU-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 手の位置と動きに着目したHMMによる手話単語の認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sign Language Recognition Based on Position and Movement Using Hidden Markov Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 手話認識 / Sign Language  
キーワード(2)(和/英) 手の位置 / hand position  
キーワード(3)(和/英) 手の動き / hand movement  
キーワード(4)(和/英) HMM / hidden Markov model  
キーワード(5)(和/英) マルチストリーム / multi-stream  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前畠 大 / Masaru Maebatake / マエバタケ マサル
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 昌史 / Masafumi Nishida / ニシダ マサフミ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 靖雄 / Yasuo Horiuchi / ホリウチ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒岩 眞吾 / Shingo Kuroiwa / クロイワ シンゴ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-06-19 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-DE2008-2,IEICE-PRMU2008-20 
巻番号(vol) IEICE-108 
号番号(no) no.93(DE), no.94(PRMU) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2008-06-12,IEICE-PRMU-2008-06-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会